philcul.net
Vol. 2, No. 1が刊行されます。 | フィルカル
分析哲学と文化をつなぐ雑誌『フィルカル』のVol. 2, No. 1が3月末に刊行となります。 今号から特集シリーズとして「アイドル」を取り上げ、アイドルの諸相を分析哲学的な観点から論じます。 ほかにも、フィクションの哲学、ゲームにおける倫理的主題の考察、分析美学の古典の翻訳、好評連載中の自由論入門など、多彩な内容でお送りします。 ぜひお手にとって議論にご参加ください。 目次 哲学への入門 「自由論入門 第3回」(高崎 将平) 文化の分析哲学 ●特集シリーズ:アイドル 論文「アイドルとハロプロ」(青田 麻未) 論考「2.5次元アイドル論」(小倉 健太郎) ― 論文「フィクションの中の哲学」(高田 敦史) 論考「たった一人の私に、あなたは気づいてくれますか?」(岡本 慎平) 翻訳 翻訳論文「意図の誤謬」(W・K・ウィムザット&モンロー・ビアズリー)(河合 大介 訳) コラムとレビュー 連載コラム「生活が先、人生が後」(長門 裕介) コラム「さまぁ~ず大竹の「世間とのズレ」と言語哲学」(長田 怜) 投稿募集中 編集部では次号へ向け、分析哲学と文化をテーマとした原稿を募集しています。 投稿締切:2017年6月30日(金) 投稿先:philculmyukk.org(「at」を「@」に変えてください) 原稿は、メールの件名に「フィルカル投稿」と明記したうえで、添付ファイルでお送りください。 投稿の詳細については「投稿募集」ページをご覧ください。 熱意のこもった原稿をお待ちしております。