pg-box.jp
UnityでARアプリを作る | ハコソフト
さあ!ARアプリ作ろうぜ! と言ってもARってなん?って事でまずはggってみる。 ARとは AR・・・Augmented Realityの略。拡張現実。現実の中にコンピュータ情報(3DCGなど)を付加して現実を強化・増強する。 モバイルARアプリ開発"超"入門(1):いまさら聞けないAR(拡張現実)の基礎知識 (1/3) - @ITにさらに詳しいことが書いてあります。 とまあこれを見ると「はいはいはいはい。見たことあるよ。」となる方も多いんじゃないかなと思います。 つまりカメラなんかのデバイスを通して見るとある物体の上とか手のひらとかに3Dモデルの人やらなにやらが映し出されて、さも現実の一部のように見える、といった感じの技術ですね。 流行る気配もあったし、ビジネス利用の動きなんかもありました。 っていうか全然現在進行形です。 スマホの普及で拍車がかかったのか(体感的に)ARアプリも増えてます。 Google I/Oで謎のダンボールが配られたっていうのも記憶に新しいところ。ウェアラブルコンピューティングの流れとともに更に発展が期待される技術です。 とまあ異常に前置きが長くなってしまったんですが、タイトルにある通り、これUnityで作れちゃいます。簡単に。しかもタダで。 で、それを実現してくれるのがQualcomm(クアルコム)のVuforiaです! Vuforia このサービス、モバイル向けのARアプリ開発用ライブラリです。 Android用、iPhone用とSDKが提供されています。 って聞くとUnity内でプラグイン化してうんたらかんたら・・・・ みたいな面倒事を想像する方もいると思います。 ですが、このサービス!Unity用のSDKが提供されています。 つまりUnityで簡単に作れちゃうわけですね! ではココからは利用方法。 登録 いきなりSDKダウンロードだぜ!って行きたいところですがそうは問屋が卸してくれません。 なのでまずは登録ページに行ってユーザー登録しましょう。 Vuforiaのクラウドデータベースに後ほどカメラに認識させるマーカーを登録することが必須なのでとにかく登録しないといけないというわけです。 こんな感じの登録フォームが出てくるのでちゃちゃっと済ませちゃいましょう。一番下のチェックは最新情報とか欲しい人だけチェックしましょう。