pg-box.jp
【考察】どこまで古いモバイルをサポートするか | ハコソフト
■Android OS バージョンシェア Gingerbreadが約15%のシェアを握っているので、このあたりから動作する事を想定する事となる。 ■iPhoneモデル別の普及率 なんだかんだiphone 4の普及率が約16%を持っている。 ■以上の二つをまとめて考えると・・・ Gingerbread搭載のNexus S 2010年12月16日発売 iphone 4 2010年6月24日発売 CPUが双方共に1GHz メモリも双方共に512MB スペックに極端な差は見られず、画面解像度がiPhoneの方が高いぐらい。 2014年の現在においても、これぐらいのスペックの端末を想定してアプリを作ると幸せになれそう。 ともあれ、先日のWWDCにてiPhone4のiOSのサポートを切る流れとなったが、このスペック想定で行けば、動作しないなんていう最悪の事態は避けられる。 ここ半年に限っては想定スペックを引き上げる必要性はなさそうと私は判断した。 そして、2012年はじめに書かれたこいつがまだまだ有用なドキュメントであると判断できる。 【Autodesk×Unity】セガが語るUnityで作るiPhoneゲーム、そしてコンテンツ工学