onenoblenovel.com
「ジョルジュ・ブラック展」展開し繋がれて行く芸術の魅力。 |
GW終わりましたね。。 ほぼ引きこもって作業をしていたのですが、GW直前の4/27(金)に パナソニック 汐留ミュージアムで開催されている 「ジョルジュ・ブラック展」の内覧会に参加してきました。 ジョルジュ・ブラックといえばピカソとともにキュビスムの人なのですが、 その彼が亡くなるまでの最晩年79歳~81歳まで取り組んだ 立体作品「メタモルフォーシス」シリーズを紹介する展覧会です。 絵画作品も 「メタモルフォーシス」シリーズは『変身物語』に登場する 神々の変身をテーマとする一連の平面と立体作品の総称だそうで、 平面のモチーフが色々な技法や素材で立体へと 昇華している様子が見れてとても興味深い展示でした。 ジョルジュ・ブラックがジュエリー?あ、ジュエリー素敵そう♡ そして、「メタモルフォーシス」というネーミング! これらに惹かれ、あまり知識なく伺ったのですが、 まず何より、最晩年79歳~81歳の作品ということに驚きました。 最後まで新たな取り組みをする芸術家の熱。すごいですね。 そう思うと、私もまだまだまだまだいろんな創作できるんだなと、 もっともっといろんなことにチャレンジできるなと、 励まされましたし刺激になりました。 ポスターに使われていた作品 といっても、本人がジュエリーを制作したわけではなく共作の形だそうです。 第一章に展示してあったグワッシュ画には文字が添えられているのですが、 それはどれも共作者のジュエリークリエイターのエゲル・ド・ルレンフェルドが 複製することを許可すると一筆添えられていて、 同意書(契約書?)のような役割もはたしているのだそうです。 同じモチーフが平面から陶器やジュエリーや彫刻、 ステンドグラスやタぺスリーへと展開された作品をみるのは とてもとても楽しい時間でした。 陶器 モザイク画 彫刻 しかもいろんな方や工房との共作として、 意思をついでブラックの死後に作られたものもあり、 展開し繋がれて行く芸術は絵画とはまた違う魅力があります。 ハンドメイドで作品を作っているものとしては、 作れる数にも限りがあり、それがいいというのもありますが、 ブランドとして展開していくことの魅力についても 個人的には考えるきっかけになりました。 さて一番の目当てのジュエリー作品。 もうキラキラ美しいのなんの。