okstyle-tokyo.jp
【IoTinfo】CEATEC JAPAN 2018が開幕!2017からの変化をミル #187
今年もやってきた「CEATEC JAPAN 2018」、見どころは!? #IoT #CEATEC2018 #幕張メッセ #IoTタウン #Society5.0 #CPS/IoT #つながる社会、共創する未来 #OKstyle あらゆるモノをネットにつなげる「Internet of Things」(IoT)を毎日考えている妄想ダイスキOKスタイルです。 今年も昨日からはじまりました!「CEATEC JAPAN 2018」です。 昨年は全ブースをまわりましたが、今年はどう変わったのか、見ていきましょう! CPS/IoTの展示会「CEATEC JAPAN 2018」のテーマ「つながる社会、協創する未来」 テーマ「つながる社会、協創する未来」(英語表記:Connecting Society, Co-Creating the Future)は2017と同じもで3年連続のテーマとなっています。 イベントとしての位置付けは、経済発展と社会的課題の解決を両立する「Society 5.0」の実現を目指すあらゆる産業・業種の革新技術が集結するCPS/IoT総合展となっていますが、昨年2017年の「日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会」と比較するとより具体的な位置付けになっています。 CEATEC JAPANは、以前「家電見本市」と呼ばれ、展示会の位置付けは、「最先端IT・エレクトロニクス総合展」でした。 しかし、前々回の2016年開催から展示会の位置付けを「CPS(サイバーフィジカルシステム)/IoT(モノのインターネット)の展示会」へ変更し、2018年は、脱・家電見本市の3年目になります。 出展者の顔ぶれの変化は!? 昨年2017年を超える345社/団体が新規出展をする、計725社/団体が出展します。顔ぶれとしては、IT・エレクトロニクスに加えて、金融、旅行、玩具、住宅、工作機械、自動車、建設機械、通信、建築、農業、ヘルスケアなどの幅広い業種・産業の企業/団体となっています。 いま、CPS/IoTの世界をリードしているのは、言うまでもなくアメリカ、中国です。 しかし、CEATEC JAPAN 2018でアジア地域、アメリカからの出展者が減っています。しかも中国に関しては、2017年39社から6社減った33社となってます。