okstyle-tokyo.jp
JTBが提案するIoTサービスLUGGAGE-FREE TRAVEL | IOTだよ/OKstyle
JTB 訪日観光客の「手ぶら観光」をサポートする「LUGGAGE-FREE TRAVEL」 #IoT #InternetofThings #JTB #LUGGAGEFREETRAVEL #CEATEC #IoTタウン 10月5日に「IoTビジネス起業」をテーマにミニセミナー講師をする妄想ダイスキOKstyleです。 旅行業のJTBが前年に続き、CEATEC JAPAN「IoTタウン」へ出展するワケ みなさんもご存知のとおり、日本は、少子高齢、人口減少で、労働力不足や、交通インフラ整備の遅れなど、さまざまな課題を抱えています。 旅行業の専門家のJTBは旅を通じた"人流"の創出で貢献していますが、 今後はテクノロジーとの結び付きを強めていかないと、解決のための時間もかかるし、効果も薄くなってしまいます。 JTBは旅の専門家ですが、CEATEC JAPANで業種の枠を超えてさまざまなかたちで協力・連携するきっかけとし、そのための"気付きの場所に"なることを期待して、今年も2回目の「IoTタウン」への参加を決めています。 最近では、日本を訪れる外国人観光客が増えています。その観光客が観光を楽しむのに、 ①「大型手荷物」 ②荷物を送ると「遅れる、無くなる、壊れる」と3つの不安 ③荷物を送るにしても、日本語伝票にも言葉の壁 3つのハードルがあります。 それを解決するのが、LUGGAGE-FREE TRAVELで、パナソニック、ヤマトホールディングスと共同開発しています。 ブース紹介 出展製品情報 1デジタルサイネージ/仮想空間型Display 出展製品情報 2LUGGAGE-FREE TRAVEL/国内における手ぶら観光支援サービス JTBは旅のプロとして、観光客の皆さんの課題を見つけ出し、今後はそれをテクノロジーで解決する、Society 5.0で言われる超スマート社会を実現するための1つの具体的な事例になっています。 今後は、自動運転との協業で、自動運転車に乗っている間に「ここで休憩はしませんか」「こんなお土産があります」といったレコメンドすることで、観光の有り方も大きく変わっていきます。 今後のJTBのスマートトラベルの行方にも注目していきたいと思います!