okazakikyoko.com
東大でシンポジウム
東京大学教養学部 言語態・テクスト文化論コースで、一般参加可のシンポジウムが開かれました。シンポジストの武田将明さんは英文学者で、20年前に岡崎先生にインタビューをしています。 言語態・テクスト文化論コース・シンポジウム 「ポップ・カルチャーの言語態:ファンタジーとセクシュアリティ」 2015年5月19日(火) 16:50〜 東京大学駒場キャンパス18号館ホール 菱田信彦「ダンブルドアはゲイだった? —「ハリー・ポッター」シリーズ における男たちの系譜」 山本史郎「ファンタスティック・ファンタジー —トールキンのフレーズが 振りまく『ホビット』の不思議なフレーバー」 竹峰義和「性と死の弁証法 —『ガラスの仮面』におけるいくつかのモティ ーフについて」 武田将明「マリオネット、ゾンビ、インディアン —岡崎京子『ヘルタース ケルター』再読」 司会:吉国浩哉 →facebook「東京大学教養学部 言語態・テクスト文化論コース」 参考:東京大学大学院 言語態・テクスト文化論コース