ohmy.s8d.jp
2026年に完成予定!アントニ・ガウディの最高傑作「サグラダ・ファミリア」を再訪する。 | oh! my ブログ
グエル別邸は飛ばしたけど、グエル公園やカサ・バトリョ、カサ・ミラなどバルセロナの主要なガウディの建築作品をアテンドしながら観て回った。 そして、なんとなく完成した年代通りに系譜がわかるようにと、最後に取っておいたのが、アントニ・ガウディの最高傑作「サグラダ・ファミリア」だ。 過去の2回のサグラダ・ファミリアの記事はこちら。 2026年の完成に向けて着々と工事が進んでいる まずは周囲からファサードを眺めてみる。 サグラダ・ファミリアの前にあるガウディ広場から唯一ガウディの生前に完成した生誕のファサードを観ると、2年半前に比べると随分と建築が進んでいることがわかる。 高校生の時には、僕らが生きているうちには完成しないと聞いていたのだけど、もう8年後の2026年に完成予定だ。 反対側の受難のファサードを眺める。 現在、生誕のファサードと受難のファサードの各ファサードに4本、計8本の鐘塔が建っているが、最終的には18本の鐘塔が建つ。 巨木の森のように神秘的な聖堂内部 入場の時間になったので生誕のファサード側にあるエントランスから内部に入る。 巨木の森のように神秘的な聖堂内部は、何度来ても涙の出るくらい圧倒される空間だ。 殉教のシンボルであるシュロの葉がモチーフになった天井を、枝分かれする巨木のような柱が支えている。 ステンドグラスを通して入り込む光が、神秘的な空間を演出して神々しい。 東西それぞにカラフルなステンドグラスが施された窓があり、そこから色鮮やかな光が差し込む。 天井など空間に反射して神秘的な雰囲気になっている。 地下礼拝堂には、バルセロナで亡くなったガウディが埋葬されている。 バルセロナを一望する鐘塔に昇る 鐘塔に昇エレベーターを予約していたのだけど、僕らの順番の前にエレベーターが故障。 修理するとのことで20分ほど待ったのだけど、今日は修理できないから返金するとのことだった... だが、結局直ったらしく予定より30分ほど遅れてエレベーターが動き出し、受難のファサードの鐘塔に昇ることができた。