noism-supporters-unofficial.info
堂々の終幕 『ラ・バヤデール -幻の国』KAAT公演楽日
7月3日(日)、うだるような真夏日の横浜、 Noism『ラ・バヤデール -幻の国』KAAT公演は楽日を迎えました。 チケット前売り分はこの日も売り切れ。 嬉しいことに、神奈川公演は三日間通して完売だったのだそうです。 私は神奈川公演は2日目だけのつもりでいたのですが、 この日(楽日)の早朝、 「神奈川に来てからも結構変わって 昨日(2日目)御大鈴木忠志さんが見たので その意見もあって今日またさらに変更ある事を覚悟しております」 などというお話しが伝わってきたものですから、もういけません。 「折角、まだ近くにいるのだし、ならば・・・」という気分に傾くと、 急遽、新幹線の切符を変更し、当日券を求めることにしてしまいました。 当日券は1枚4,500円。前売りより1,000円安い価格はお得でした。 当日券で売り出された3階席は、ホールのかなり上方で、 まるで「天井桟敷」のような席。 そこでは身を乗り出し、両の掌で頬杖をつくといった寛いだ姿勢で見ることすらOK。 そんな急勾配の下に舞台を見下ろす席は、 照明の様子もつぶさに受け止められる「良席」でした。 そして私が買った席ですが、 「二幕」で中川賢さんと亡霊が形作る「縦列」の延長線上に位置する席でしたし、 とりわけ、その流れから、為す術なく立ちすくむバートル(中川さん)の手前、 舞台を埋め尽くすように、一斉に仰臥位に横たわった亡霊たちが 今度は次々に時間差で上半身を起こし、 顔を隠しながら客席側へと捻る場面を、 (個人的に最も好きな場面のひとつなのですが、) 舞台上の一部始終を余すところなく視野に収めて見つめたとき、 その儚さは一層際立ち、 戦慄にも似た、身震いするほどスリリングな視覚体験に、鳥肌が立ちました。 「劇的舞踊」の全体を俯瞰することで、この日初めて気付いたことも数多くありました。 『ラ・バヤデール -幻の国』、後方席もお勧めですよ。 神奈川公演楽日の様子に話を戻しますと、 回を重ねることで、舞台はこなれて、メリハリのある情感豊かなものとなり、 全てがスムーズに繋がって展開していくさまに、目は釘付けにされていました。 上に書いた「影の王国」のほか、 特に、この日はエッジの効いた「一幕」に目を奪われました。 前半終わりの幕が下りたとき、隣の連れ合いと顔を見合わせると、思わず口をついて出たのは