noism-supporters-unofficial.info
柳都会 第16回 田根剛×金森穣を聞いてきました
Noism『ラ・バヤデール -幻の国』ツアー直前の2016年6月26日(日)午後4時半、 新潟・りゅーとぴあのスタジオBを会場に、 『ラ・バヤデール』の空間を担当された建築家・田根剛さんをお迎えして、 「世界を舞台に飛び回る建築家が考える、21世紀の建築とは?」というサブタイトルのもと、 第16回の柳都会が開かれました。 お二人は旧知の間柄と言うことで、 お互い、なに気兼ねするところなく、テンポよいお話しが展開されました。 全てをお伝えすることは到底無理ですが、エッセンスをご紹介しようと思います。 ①エストニアのナショナル・ミュージアム(国立博物館)のコンペ: 2006年、友人を介して知り合い、ご飯を食べてすぐに意気投合したレバノン人女性「リナ」・ゴットメさん(←Noism『SHIKAKU』の映像を見せると、「食いついてきた」。)と田根さん、 そこにもうひとり、イタリア人男性・ドレルさんを加えた3人で、 パリに事務所DGT.(DORELL.GHOTMEH.TANE/ARCHITECTS)設立。 基本的に建築は個人の力、裁量、思いを反映するものなので、 グループでやることは難しいのだが、 一緒にコンペに参加することにし、見事に勝ってしまったのも、 「信じるもの(「滑走路」というコンセプト)」を共有できたことが大きい。 ②ARCHAEOLOGY OF THE FUTURE(未来の考古学): 米ニューヨーク流の20世紀の都市の構造が世界を席巻。 投下された資本に比例して縦に伸びていくモデル。(垂直構造の「中心」) 同時に、人の流入により、郊外は拡散。(水平構造の「周辺」) →できあがったのは、どこともわからない風景、どこにもある街の風景。 仏パリ、1970年代に作られたコンクリート+ガラスの近代建築の方が先に壊されてしまう皮肉。 →近代建築は果たして正しい方向だったのかという疑問が生じる。 *目指したのは、そこにしかない「場所」の意味を掘り下げていくこと。 即座には見えて来ない土地の文化や価値を志向して、 断片的な記憶を積み重ねていくこと。 起源を系統立てて掘り下げるリサーチから、グループ化、関連性を探り、 ひとつのコンセプトを形作っていく作業。 ③MEMORY FIELD(記憶): エストニア、ソ連崩壊に伴って独立。