noism-supporters-unofficial.info
連日進化する舞台『ラ・バヤデール -幻の国』新潟楽日
2016年6月19日、早くから気温が上昇し、梅雨を通り越して、「真夏日」を記録した日曜日、 Noism『ラ・バヤデール -幻の国』は早くも新潟楽日を迎えました。 公演後、ミストレスの真下さんやSPACの俳優・奥野さんも話されていたことですが、 この日、出演者は一人残らず、3日間でもベストのパフォーマンスを示していたように思います。 それはまるで「幻の民族」(金森さん)が、個々の舞踊家や俳優を越え、時空を越えて、 りゅーとぴあ・劇場の舞台上に出現し、呼吸していたかのようでした。 いきなり話はアフタートークに飛びますが、この日、久方ぶりに金森さんと舞踊家(井関さん、中川さん、石原さん)が登壇し、公演に負けず劣らず、興味深い話を聞かせてくださいました。 誰しも関心を寄せる事柄であり、この場で紹介しても差し支えなさそうな、 「振付: Noism 1」というクレジットについて書きます。 質問シートでそのプロセスを質されると、 ①まず、今回、金森さんは1個も振りを作っておらず、②Noism 1メンバーにキーワードが示され、 ③メンバーが各自、それから喚起される言葉や音を20ほど挙げ、④そのなかから3~4程度の動きを作る。 ⑤そうして集まった40~50の断片を金森さんが編集して、舞踊家に割り当てるというプロセスだったことが明かされました。 その時の様子を、「『悠子の振りは激しいから、お願い、私のところに来ないで』と思っていた」と井関さんが笑って打ち明ければ、石原さんは「(金森)穣さんが自分を消そうとして、抑制する姿が印象的だった」と振り返りました。 続けて、割り当てられた振りを覚えるために、メンバーは一つひとつの振りに考案者の名前を付け、 例えば、「悠子」「賢」・・・などと声に出しながら動いて練習していたという裏話が披露されると、 会場はその様子を想像して頷きながら聞き入っていました。 他も興味深い話ばかりでしたが、ネタバレになりそうな部分もあるため、 ここでは差し控えさせていただきます。 また、アフタートーク後、6F展望ラウンジに場所を移して開かれた初の試み 「公演感想を語り合いましょう!」も30名ほどの参加者を得ました。 公演を終えたばかりでお疲れのところ、 上に名前を挙げた真下さんと奥野さんからもご参加いただきました。どうも有難うございました。