noism-supporters-unofficial.info
会場を魅了! 『ラ・バヤデール ー幻の国』新潟公演2日目
2016年6月18日(土)、新潟市内某所で開催される大がかりなイヴェントと重なり、 その影響が心配された日だったのですが、さほどの混乱もなく、 前夜、平田オリザさんから「こちらの方が大事」と言って頂いた『ラ・バヤデール -幻の国』の新潟公演2日目は午後5時、無事にスタートしました。 二日続けての鑑賞でしたが、舞踊家も俳優も、動きが台詞が滑らかになった印象を持ちました。 細かな変更や小さなアクシデントもあったようですが、 舞台狭しと繰り広げられる群舞やパ・ド・ドゥに魅了されるうちに、 一幕50分、二幕45分、休憩を入れると110分という時間が嘘のように過ぎていきました。 中川さんのバートル(=ソロル)が、井関さんのミラン(=ニキヤ)が、 オリジナルのバレエ版『ラ・バヤデール』に欠けている「深み」を備えて、 あの環境下で「言葉」を持たない者、 為す術なく翻弄されるだけの者の悲哀を可視化して踊る点は オリジナルを凌駕していると断言しましょう。 終盤、たきいみきさん演じるマランシュ帝国皇女フイシェンは言います。 「この国では誰も本当のことは言えない。」 中川さんの身体が、井関さんの身体が、あるいは全ての舞踊家の身体が示す深度や強度が、 更には俳優の示す存在感が、そして衣裳、音楽、照明、空間、美術、その他諸々が、 見事に渾然一体となって、この劇的舞踊における「本当のこと」を立ち上げていきます。 圧巻の分厚さで終演を迎えると、カーテンコールでは、 「ブラボー!」という掛け声があちらからもこちらからも飛び交いました。 なかには、金森さん曰く「Noism公演では珍しく」、 「(中川)さとしさ~ん!」という黄色い声援も含まれていました。 しかし、その気持ちは充分わかります。 アフタートークでは、前日の平田オリザさんの言葉とシンクロするかのように、 オリジナルの『ラ・バヤデール』を何度もご覧になられているお客様から 是非ともヨーロッパに持って行って欲しいとの声があがりました。 また、二幕冒頭の亡霊の群舞について、 「個人的には好きなシーン。悪くないんじゃないかな。」 「バレエの歴史のなかでも重要なシーンであり、 150年前のミンクスを21世紀にどう蘇らせるかが課題だった。 正直、ホッとした。」と金森さん。