noism-supporters-unofficial.info
目を圧する『R.O.O.M.』/目を惹きつける『鏡~』に心を鷲掴みにされた新潟公演楽日
2019年2月17日(日)、新潟市中央区は少し強い風は吹くものの晴れ間も顔を覗かせ、「新潟の冬」からは遠いイメージの一日。ホワイエ開場の時刻14時半のスタジオBにはキャンセル待ちの方も数名いらっしゃり、楽日の公演に向けられる熱い期待が既にホワイエには充満していました。初めての方も、何度目かの方も、一様に気持ちの昂ぶりを抑えることができずにいる、そんな様子だったと言えます。 スタジオへ入った後も、中の空気は張り詰めていて、浮かれた様子は皆無。そこに身を置くだけで呼吸が浅くなるような、そんな雰囲気が漂っていたのは、明らかに他の日とは違う感じがしました。この日が新潟で観る最後の機会でしたから、誰もがみな、舞台の「一回性」、その厳かさを全身で受け止めて、緊張の内に幕が上がるのを待っていたとしても何の不思議もありはしませんが。 開演。『R.O.O.M.』。明転すると目に飛び込んでくる「装置」にまずはため息が思わず零れてしまうのですが、これが意外と重要。息をするのも忘れてしまいそうな、50分間の斬新な実験が展開されていく訳ですから。 楽日の12場面は、舞踊家一人残らず、「もうこのあと余力など残っていなくとも構わない」とばかりに、ありったけの力を振り絞り、全身全霊を傾けて踊られていきました。その異次元と言っても過言ではないクオリティは、観る者の目を圧する迫力に満ち、観ている側も同調して、心拍数はあがり、気持ちが滾っていかざるを得ません。熱を帯びていく舞台、けしかけられ、固唾を飲んで見詰める客席。ラストでマックスの昂揚に達して暗転。すると今度はそこまで不動で来ていた客席の番です。口火を切る男声の「ブラボー!」、続く女声の「ブラボー!」その絶妙。そこから先はもう堰を切ったかのような「ブラボー!」の洪水。その怒涛。同時に、あちらこちらで反射的に人影が動いたかと思うと、見たこともないくらいの人数のスタンディング・オベーション。そして勿論、鳴り止まぬ拍手がカーテンコールに立つ舞踊家一人ひとりに捧げられました。 休憩でクールダウンを図ると、後半は『鏡の中の鏡』。打って変わった音楽と照明、蹲る金森さんの姿に、私たちは一瞬にして、相貌を別にした、まったくの異空間に連れ去られてしまいます。