noism-supporters-unofficial.info
第3クールにも再び新趣向追加の『R.O.O.M.』と洗練の極み『鏡~』(新潟公演8日目)
前夜来、「観測史上最強レベル」の寒気が予報されるなか、空気は身を切るほどの冷たさながら、雪なく迎えた第3クール初日の実験舞踊Vol.1『R.O.O.M.』/『鏡の中の鏡』は2019年2月9日(土)。 公演会場に着いてみますと、既に階段のところには、期待に胸を膨らませた制服姿の高校ダンス部員たち(男女)が並んで、入場を今や遅しと待っており、そんな光景も最近は珍しいものではないのですが、それもこれも新潟市に金森さんとNoismがあってのことなのですよね。 そんななか、(古い話で恐縮ですが、)昭和の人気番組の司会者に倣うなら、前回の鑑賞からほぼ「1週間のご無沙汰」で新潟公演8日目の舞台を観てきました。 このクオリティからして当然なことに過ぎないのですけれど、この日早く、SNS上にNoism PRから「全公演前売り完売」の報が伝えられ、それは即ち、(並んで当日券を入手する以外、)「観たくても観られない」状況が生じたことを意味するものであるため、繰り返し観ているという点で、未見の方には申し訳ない思いもあるにはあるのですが、そこは「舞台の一回性」ゆえ、ご寛恕を請う次第です。 金森さんのツイートを深読みする癖とこれまでのNoism鑑賞の経験とから、この日の公演を迎えるにあたって、ある種の「胸騒ぎ」があったことは確かでした。それは第2クール初日にもあったことですし…。その正体ですが、休演日を挟んだことで、また何か変化があるやもしれないという、そんな「胸騒ぎ」でした。 そして、それはこれまでの様々な作品において金森さんが示してきた姿勢から、ほぼ確信にまで近いものに変わっていたと言えます。それも全て、金森さんに「教育」されてきたことでしかない訳です。 果たして、その通りでした。で、「やっぱりだ!」そう思いました。『R.O.O.M