noism-supporters-unofficial.info
激熱の『R.O.O.M.』/『鏡~』、第2クール3日目(新潟公演6日目)
2019年2月3日(日)「節分」、第2クール唯一の休日公演となるこの日、新潟市に冷え込みはなく、時折見事な青空が広がる下、私たちにとっての「恵方」りゅーとぴあを目指し、実験舞踊vol.1『R.O.O.M.』/『鏡の中の鏡』を観てきました。 私たちの「恵方」りゅーとぴあ 上記の通り、このクールの公演日程中、ただ一日の休日だったため、Noismを介して得た知己が東京、そして京都から遥々足を運んで、スタジオBに集ったのですから、もうこれは「恵方」という言い方も全く大袈裟ではなかった訳です。幸い、穏やかな天候に恵まれたのも「天の配剤」だったのでしょう。 前売り完売で迎えた、この日の公演。スタジオBには期待感が漲っているように感じました。 そして、15時を少し回った頃、客電が落ち、真っ暗闇を経て、『R.O.O.M.』の幕が上がりました。そこからはもう目を離せません。新潟公演も折り返しに近づき、ここまで公演を重ねてきた舞踊家たちは動きもキレています。特にこの日は新たにNoism1のメンバーとなった男性舞踊家たちが、「これぞNoism!」とばかりの心境著しい動きを示していたように思います。この複雑なテクスチャーで構成された作品をそれぞれが見事に身体化して踊り、観る者の目を奪いました。 客席も激熱の舞台に応えます。暗転して一旦幕が下り、それがカーテンコールで上がってからはもう、「ブラボー!」の掛け声がいくつ飛んだでしょうか。いったい幾人がスタンディングオベーションを捧げていたでしょうか。スタジオBはまさに大興奮の坩堝と化した、そう言いましょう。カーテンコールは繰り返され、拍手と「ブラボー!」が響き渡り、立ち上がる人も増えてきます。舞台に横一列に並ぶ12人の舞踊家たちに向かって、観客一人ひとりがそれぞれ精一杯のやり方で身中の感動を伝えようとし、その熱気が更に興奮を増幅していく…、そんな光景が展開されていました。 否が応にも膨らむ「次」への期待から、客席は15分間の休憩さえ待ちきれないといった雰囲気で、皆さん、早めに席に戻って、『鏡の中の鏡』に備えているように見受けられました。 休憩前とは全く趣を異にする音楽が流れ、同じ「箱」もその表情を一変させます。いつものように。うずくまる金森さん。いつものように。しかし、『R.O.O.M