noism-supporters-unofficial.info
『R.O.O.M.』/『鏡~』第2クール、快調な滑り出し♪(新潟公演4日目)
第1クール3日間から、中3日のインターバルをおいて迎える第2クールの4日間は、期間中、最もバラエティに富んだ日程になっています。お仕事の関係上、平日の方が観に来やすいという方々を念頭に組まれたもので、木・金、そして日・月という4日間なのです。 そのクール初日・2019年1月31日(木)、みたびスタジオBに出向き、『R.O.O.M.』/『鏡の中の鏡』を観てきました。わかっていたこととは言え、ワタシ的には「なんと!」の木曜日な訳で、仕事帰りのため、観ているうちに、うっかり意識が飛んでしまったら…、そんな心配が頭をかすめ、「身体を甘やかしてはならぬ」とばかり、敢えて腰にかかる負荷を求めて、(初日と同じ)最前列の席を選んで腰を下ろしました。この日の客席には、元メンバーの真下恵さん、チェン・リンイさん、そして、Noism2とのクリエーションで新潟入りしている平原慎太郎さんの姿もあり、私たちと一緒に「矩形」を見つめていたことも書き記しておきます。 で、結果、「意識が飛ぶかも」なんてことは杞憂に過ぎず、ド迫力の熱演を満喫しました。例えば、『R.O.O.M.』、12人が横一列に並ぶ場面では、「近っ!」ってな具合で、彼らが揺り動かした空気がこちらの身体にまでビシバシ届いてきましたし、汗の雫さえ飛んできそうでした。そして例えば、『鏡の中の鏡』、井関さんの、或いは、金森さんの苦悩がまるで自分のものであるかのように感じられるほどでした。 金森さん、やりましたね。第1クールの最終日にも飾られていたのでしょうか、毎日芸術賞の賞状。誇らしいです、実に。 そして、金森さん、やってくれましたね、『R.O.O.M.』。休演期間を挟んで、第1クールを観たときにはなかった、とても印象的な「映像」がこの日は追加されていたのです。 そうきたか!ならば、この後も変わる可能性は否定できない訳で、第3クール、第4クール、そして吉祥寺シアターと度毎に観なきゃ気が済まなくなるじゃありませんか。(汗) とりあえず、第1クールをご覧になった方は、少なくとももう一度はご覧になった方がよろしいかと。 舞踊家一人ひとりの動きがこなれてきて、一層の確信に満ちて展開される、楽しさが実に半端ない『R.O.O.M