noism-supporters-unofficial.info
世界と対峙する『R.O.O.M.』/『鏡~』新潟公演2日目
日本時間の2019年1月26日(土)の夕方は、多くの耳目が熱い南半球・豪州のメルボルン界隈にも注がれていたと思われますが、ほぼそれと同じ時刻、雪の降る新潟市のりゅーとぴあ・スタジオBでも、私たちの誇りである舞踊家たちが世界と対峙して、同様に相当熱かった訳です。 前日、初日を迎えた公演で圧倒され、「またすぐ観なきゃ」となり、当日券売り場に一番乗りで並んでいると、私を駆り立ててそういう心境にした張本人の金森さんが飲み物のカップ片手に向かい側のエレベーターに乗り込もうと通りかかりました。で、目が合い、私を認めると、笑顔で、空いたもう片方の手を振ってくれる金森さん。私も会釈を返しましたが、心の中では「あなたが呼び寄せたんでしょ。」と言いながら、その「特典」を嬉しく頂きました。 そして午後4時、無事、当日券も買えました。…安堵。 この日の雪については、少し遡ります。前日まではまったくなかった雪ですが、日付が変わってから降り出し、それから後はもう断続的に降り続いたため、公演が始まる頃にはりゅーとぴあ付近は10センチ弱の積雪となっていたでしょうか。そんななか、入場を待つホワイエでは、快晴の東京・関東圏から、恐らくは「川端康成気分」でお越しの方々ともお会いし、Noismが繋ぐ縁を楽しむひとときも持ちました。 開演。まずは『R.O.O.M.』から。前日、初見では驚きっ放しのうちに過ぎた時間になんとか食らいつこうとしてみます。 金森さんが「舞踊家に法則性を与え、同じ法則に従って次の舞踊家が反復する」(1/23新潟日報朝刊)と語り、Noism1メンバーの西岡ひなのさんが「物語がなく、身体とこの空間でのロジック、とても複雑ですが一つの規則性があります」(Noismサポーターズ(unofficial)会報・35号)と紹介してくれた、「法則性」或いは「規則性」に少しでも迫りたかったからです。前日は最前列から観たので、この日は全体を引いて観ることを考えて、後ろから2列目の席を選んで鑑賞しました。 結果、やはり舞踊言語に不案内な身にとっては荷が重く、まったく歯が立たずに、「脳内で疑似体験する」(金森さん・上掲紙)だけに留まってしまったのですが、それでもその「疑似体験」を今回も堪能しました。