noism-supporters-unofficial.info
Noism1新作世界初演(初日)、手もなく蹂躙されるその至福
「雪」の予報は出ているものの、まったくその白いものが落ちてくる気配のない新潟市の2019年1月25日(金)午後7時。待ちに待ったNoism新作公演、その世界初演初日の幕が上がり、『R.O.O.M.』50分+『鏡の中の鏡』20分、まさに金森さんが仕掛けた通り、手もなく蹂躙され尽くしたというか、何というか…、感情の振り子が両極に大きく振られてしまったというか…、もう心ゆくまで堪能しました、そう言う以外なさそうです。 スタジオBへの入り口の脇には、先日、井関さんが受賞されたニムラ舞踊賞の賞状とトロフィーが、そしてその横には、丁度、この日が授賞式だった金森さん受賞の毎日芸術賞を伝えるパネルが並べられていました。(画像は井関さんのものだけです。悪しからず。)それを横目にいざスタジオBへ。 期待感を募らせた観客たち。場内暗転。ノイズめいた音楽。先ずは『R.O.O.M.』の幕開けです。やがて目に飛び込んできたのは、奥、両脇、天井の4面に正方形の銀色がびっしり張り詰められ、光の反射具合から繊細な市松模様を描いて見える「箱」。ただ「箱」、その内側。それが今回50分間にわたって、何が起きるか、目を凝らして眺める「実験スペース」です。 そして、「えっ! えええっ!!」(絶句) 既に冒頭からやられてしまい、その後も次々やられまくりでした。見たこともない光景、そして反対に、どこかで、何かの映画で見たことがあるような既視感を覚える光景。いずれにしても、メンバーの身体を使って、可視化・形象化しようとする何たる強靭な意志であることか、金森さん。 身体?肉体?---否、私が目にしたように思うのは身体的でも、肉体的でもなく、まったくの別物です。しかし、たとえそれが単に私ひとりの個人的な印象であれ、今はまだ初日を終えたばかりですし、そのあたり、詳しく書くことは差し控えることに致します。 更に、ほぼシーン毎に色味の変わる照明の美しさはどう書いたらいいのでしょうか。そんな12シーン、引きずり込まれるように観ました。 終演後は、愉悦の拍手喝采と「ブラボー!」の声がスタジオ内を満たしました。続く15分間の休憩中、観客はひとりの例外もなく興奮を隠し切れない様子でした。