noism-supporters-unofficial.info
実験舞踊vol.1『R.O.O.M.』公開リハを観てきました♪
曇天なのか小雨混じりなのか俄に判然としないような2019年1月13日(日)、新しい年の「Noism初め」として、実験舞踊vol.1『R.O.O.M』公開リハーサルを観てきました。 会場のスタジオBへ足を運んで、入場を待っていると、Noismスタッフの方からNHKの取材カメラが入るとのお話し。前々日の毎日新聞、前日の読売新聞、そしてこの日のNHKとメディアに取り上げられることが続き、Noism界隈の潮目がいい感じに変わってきたと嬉しさが込み上げてきました。 予定されていた12:30を少し回った頃、スタジオBに設けられた席へと通されました。目の前には客席側のみ開け放たれていながらも、上方を含め、他の5面が区切られた「箱」状の舞台がありました。それはまるで、映画の横縦比2.35:1と横長のシネマスコープサイズの銀幕のよう。「銀幕」、そう、いみじくも、「箱」の内側5面はいずれも銀色のホイル(のようなもの)が張り巡らされています。その「箱」のなか、上手側にひとり板付きのシャンユーさんの姿。 「さあ、始めましょうか」金森さんの声がかかると、電気的なノイズのような音楽が耳に届き始め、陸上競技・短距離走のクラウチングスタート然とした姿勢から動き出すシャンユーさん。そこに一人、また一人と加わり、5人の男性舞踊家のパートです。音楽同様、彼らの動きも先を見通すには難しいものがあります。メンズ5名が履いているのはグレーの靴下。銀色の内側に馴染むかのようなグレーは、電気的な接点のようでもあります。(あくまで個人的な印象です。)伸び切らない5つの身体が見せるのは、くねくね絡み合うような複雑な動き。 次は、女性舞踊家のパート。上手側の壁の下から入って来るのは浅海さん、そして鳥羽さん。やがてレディースは6人に。彼女たちは揃ってポワントシューズを履いています。「くねくね」はありながらも、「コツンコツン」と床を響かせ、直線的に身体を上方へと伸ばそうとする動きが含まれている点に、メンズとの違いも見えます。