noism-supporters-unofficial.info
文化の厚みある湖岸の街・諏訪市で井関さん「ニムラ舞踊賞」受賞
2018年12月22日(土)。 年末の3連休初日であるこの日、 冬の1日にしては穏やかな空の下、湖岸の街・諏訪市まで出掛けて、 この街が生んだ世界的な舞踊家・ニムラエイイチ(新村英一:1897〜1979)に因む 「ニムラ舞踊賞」の第38回授賞式に臨席し、その様子を拝見して来ました。 ニムラエイイチ生誕120周年という、暦が丁度ふたまわりする区切りの今年、 受賞者は、言わずと知れた井関佐和子さん。 はるばる来なきゃならない訳です。 諏訪湖の恵みに与るこの街・諏訪市が、 「舞踊」の名の下に、100年の時を隔てて繋いだふたつの名前、 「ニムラエイイチ」と「井関佐和子」。 様々な感慨とともに、井関さんご本人ならずとも、 我が事のように嬉しさが込み上げてこようというものです。 午後3時からの授賞式に先立ち、開場後の舞台のスクリーンには、 先ず、ニムラエイイチの生涯を紹介する映像が、 次いで、今回の井関さん受賞の直接の理由である『Liebestod. -愛の死 -』の映像が、 式直前まで映し出されていました。 今、映像で観ても「心を持っていかれる」ものがありましたし、 映写が終わったときには、期せずして場内のあちこちから拍手が聞こえて来ました。 一新潟市民としては大変誇らしい気持ちがしたことは言うまでもなく、 そのことはきっとご理解頂けるものと思います。 そして授賞式の間、舞台下手にはサポーターズ及びさわさわ会からの2段のスタンド花が飾られ、文字通り、お祝いの席に花を添えていたことをここにご報告いたします。 今回の井関さんの受賞理由は、「Noism1の2017年6月公演において 金森穣振付『Liebestod -愛の死-』を、優れた身体能力を生かした 大胆かつ繊細な演技を駆使して成功に導いた。 また近年においては、副芸術監督としてNoismの活動の中核に参画し、 諸作品の再演をはじめ、カンパニーの活性化に大きく貢献した。 その功績を讃え、第38回ニムラ舞踊賞を送る」というもの。 まさにまさしくその通り。 遅過ぎる受賞かとも思われるのですが、 式冒頭の選考理由披露において、 選考委員長を務める山野博大さんも壇上からそのあたりのことを、 「(これまで)どうしても金森さんに賞が行っちゃうんですね。 で、(井関さんは)なかなか賞の対象になって来なかった。