noism-supporters-unofficial.info
要望していた、新潟市ふるさと納税「使い道」に「Noism」の5文字が入りました!
皆さま、これまた嬉しいお知らせです! 時まさに、ロシア・サンクトペテルブルクでの「プティパ祭」にて、 Noismが劇的舞踊『ラ・バヤデール -幻の国』を上演し、好評を以て迎えられた折も折、 これまで(直接には3月及び8月に)新潟市・総務課に対して重ねて求めて参りました 新潟市・ふるさと納税(「ふるさと新潟市応援寄附金」)の 「選べる使い道」例示における「Noism」への言及の要望が この度、遂に果たされました。パチパチパチパチ♪ (まあ、当該箇所の最終更新日は11月10日とありますから、 恐らく、約10日遅れで気付いた訳でしょうけれど…。) 皆さまからもお声をお寄せいただいた成果です。 サポーターズのひとりとしましては、実に喜ばしいことが重なった感がいたします。 具体的には、 ①歴史・文化・スポーツ(~市民スポーツの振興と歴史・文化の薫るまちづくり~)の 【活用事業例】として挙げられた5項目のうちのひとつに、 >●りゅーとぴあ 新潟市市民芸術文化会館の運営 >(事業費8億1,064万1千円) >演劇、能楽などの伝統文化、ジュニア育成、 >劇場専属舞踊団「Noism」などの事業を実施し、 >市民文化の向上、舞台芸術の振興を図ります。 として記されたのです。 市長も交代し、新しい市政が始まった訳ですが、 これまで15年の長きに及んで、新潟市を内外に発信してきたカンパニーNoismと、 新潟市がこれまで以上の戦略的互恵関係を結んで、 ともに歩んでいこうとするならば、 文化面において、更に魅力的な市政運営が可能になることは間違いありません。 そうした意味合いからも、 この度のふるさと納税「選べる使い道」中の「Noism」への言及は、 たかが「5文字」ではありますが、されど「5文字」とも言えるものでしょう。 足掛かりとしては確実に大きな意味のある言及とみなすことが出来ます。 この先への期待感も膨らもうというものですよね。 また、これは9月20日に本ブログで既報の通り、 新潟市HPに「Noism Web Site」へのリンクを設けて頂いたことに続いての 要望実現ともなります。 根気よく声をあげていくことの大切さを感じました。 Noismを支援するためには、 まず直接的には活動支援会員になることが挙げられますが、 その途もさることながら、 こちら、ふるさと納税に関しましても、