noism-supporters-unofficial.info
サンクト直前『ラ・バヤデール』活動支援会員向け公開リハに見入る
2018年11月17日、この季節らしい気温の土曜日、 枝を離れた無数の枯れ葉が自動ドアの内側まで入り込んできていた 秋のりゅーとぴあ界隈はこの日に重なった種々のイベントに人出も多く、大賑わい。 そんななか、11月21日にロシア・サンクトペテルブルクで開かれる「プティパ祭」のオープニング公演として招聘された 劇的舞踊『ラ・バヤデール ―幻の国』の公開リハーサルを見んと、 メディアを含めて、約40名が、遠くは東京など県外からも りゅーとぴあ・スタジオBに駆け付けました。 久し振りに『ラ・バヤデール』を国内で観る この日限りの機会であると同時に、 初めて新メンバーを目にする機会でもあった訳ですから、 集まった者はみな興奮した面持ちで、スタジオBの鏡の前、 2列に配された椅子に腰かけて、舞踊家と俳優を凝視しました。 今にして思えば、腰をおろしたとき既に、絞られた音量ながら音楽が聞こえていたように思います。 スタジオB「上手」奥でストレッチに余念がない中川さん、 その手前、奥の方を向いてうずくまったまま待機するたきいさんの姿が見えるなか、 中央に屹立する慰霊碑(仮)の陰から貴島さんがゆっくり静かに現れ、 12時5分過ぎ、それは始まりました。 途中、1幕と2幕の間に15分間の休憩を挟んだ、本番さながらの「完全な」ランスルー。 気になるキャストは次の通りです。 如何でしょう、予想通りでしたか。 初演時キャストと異なり、舞踊家の国籍も「マランシュ帝国」に似て様々です。 ですから、見慣れた筈の同じ作品ではあっても、 肌合いは当然に異なっていて、新しいNoismのスタートと映りました。 衣裳や小道具も本番とは違った仮のものなのですが、 それも味になるのが、公開リハが持つレアな魅力のひとつでしょう。 それぞれが身に纏うTシャツやショートパンツ、その1つひとつからも、 舞踊家と俳優の個性の一端が少なからず見えてこようというものだからです。 そして会場がスタジオBゆえに、この日、一列目に座ったならば、 もうそのすぐ鼻先で迫力あるパフォーマンスを観ることになります。 演者の紅潮する頬が、息遣いが、身体の動きが、飛び散る汗がすぐ眼前にあり、 激しい動きの際には、それが起こした空気の流れが「風」と化して届いてきました。 あまりの至近距離に、身じろぎひとつも憚られるような、