noism-supporters-unofficial.info
渾身の熱演が大きな感動を呼んだ『ロミジュリ(複)』大千秋楽(@埼玉)
2018年9月16日(日)。 この日の劇的舞踊Vol.4大千秋楽について記すにあたり、 NoismでもSPACでもなく、全く別の件から書き始めることをお許し願います。 時、まさに午後5時ちょうどくらい。 打ち震えるような感動に包まれつつ、会場を後にし、 歩きながら、劇場内ではOFFにしていたスマホの電源を入れなおした際、 目に飛び込んできたニュースの見出し、 「樹木希林さんが死去 最期は自宅で家族に看取られて」に心底うろたえたからです。 75歳。この秋も来月、映画『日日是好日』(大森立嗣)を楽しみにしていた矢先の訃報。 込み上げる喪失感。 飾らない人柄で、奥深い表現を欲しいままにしていた名女優。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 …喪失感。感動が大きかっただけに…。 勿論、それはまた『ロミオとジュリエットたち』のことでもありました。 すっきりと晴れたとは言い難いものの、気温もあがり、 雨が降って幾分肌寒かった前日とは違うこの日、大千秋楽の地、埼玉は与野本町の天候。 金森さんは、そして舞踊家と俳優はどんな舞台で私たちを圧倒してくれるのか。 退団される舞踊家(中川さん、吉﨑さん)の姿も瞼に焼き付けなくては。 みなさん、そうした共通の思いを胸に、彩の国さいたま芸術劇場を目指した筈です。 この劇的舞踊、途中に約2か月の間を挟むことで、 新たな彫塑が加えられ、 表現は、より自然さを増して嵌るべきところに嵌り、熟成の度を増しながら、 この日の大千秋楽に至った訳です。 そんな「大航海」を経ての最後の寄港地、彩の国さいたま芸術劇場。 そこはまた言うまでもなく、蜷川幸雄シェイクスピア劇の本拠でもあります。 金森さんのこの意欲的な挑戦を誰より喜んだのは、 物思わし気に娘・実花の写真に収まる今は亡き蜷川本人だったかもしれません。 次にご紹介するのは、メモリアルプレートに刻まれた彼の言葉です。 >最後まで、枯れずに、過剰で、 >創造する仕事に冒険的に挑む、 >疾走するジジイであり続けたい。 >Till the end, never wither, beyond limits. >Take risks in creativity, and stay at top speed. >So I wish as a man of theater. 蜷川幸雄 さて、『ロミジュリ(複)』です。