noism-supporters-unofficial.info
Noismの15年目と、その先のために、そして私たちのために
ご存知の通り、Noismは現在、14年目を終えて、 9月からに備えて充電中です。 15年目には、通常の公演や活動に加えて、 ロシア・サンクトペテルブルクで催される「プティパ生誕200周年フェスティバル」 への『ラ・バヤデール ー幻の国』の招待(11月)や、 長野県諏訪市での井関さんの「第38回ニムラ舞踊賞」受賞式(12月)等、 これまで国内外で得てきた評価の高さや名声を如実に示す出来事が続きます。 とても誇らしく、嬉しい限りですね。 しかし、現在、Noismを抱える新潟市は未曽有の財政難に陥っており、 ここまで重ねてきたNoismの歴史も、16年目以降はまだ未確定のままです。 以前の新潟日報朝刊(2018/3/6付)が伝えるところによれば、 >新潟市議会は5日、2月定例会本会議の一般質問を行い、 >新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)専属の舞踊集団「Noism(ノイズム)」の >今後の活動について、中野力文化スポーツ部長は、 >「これまでの実績や成果を踏まえ、2018年度末までに在り方を検討する」とした とのことで、依然として不透明かつ混沌とした状況は続いているようです。 財政難が人の心に及ぼす影響には手強いものがあります。 過去にも文化的コンテンツが目の敵にされてきた例など 挙げれば枚挙にいとまがないくらいです。 そこで、Noismがある生活の豊かさを守る意味からも、 公益財団法人新潟市芸術文化振興財団が募集する 「Noism支援会員」或いは「Noism寄付会員」が増えたらいいなぁと思うものです。 そちら、15年目シーズンの募集は既に始まっています。 会期は8月からの1年間で、 個人の支援会員は1口10,000円~、 今回、新たに設けられた個人の寄付会員は1口2,000円~ に設定されています。 (他に法人会員もあります。) このご時世、お財布からの出費を極力抑えたいのはやまやま。 「支援」や「寄付」など、もっと生活にゆとりのある人の話、 以前は、そう感じていたものです。 しかし、「いつまでもNoismを観続けたい…」、 「何としても、あの豊かさは手放したくない…」、 そんな思いから、支援会員を続けています。 新潟市の持続可能な文化的コンテンツとしてのNoism。 支援会員として、金額的には小さいかもしれませんが、 文化的には大きな誇りを胸に支えていきたい、と。