noism-supporters-unofficial.info
敢然と酷暑に向き合った『ゾーン』、Noism2に労いの夕陽は美しく
台風の直撃こそありませんでしたが、 フェーン現象というかたちで暑さが牙をむいた新潟市、2018年7月29日(日)。 この日、国内で最も高い気温を記録したらしいその新潟(市)で、 Noism2特別公演『ゾーン』がNoismの14thシーズンの掉尾を飾りました。 前日にも増して強い風が吹いていたことから、客席を覆うテントは立てられず、 舞う者も、観る者もともに「露天」という、ある意味、開放感たっぷりの50分間で、 全員が等しく日射しと風を総身に受けながらの公演となりました。 予定開演時間の17:30を7分程過ぎて、 「白い女性」が下手側客席脇から歩み出てきました。この日は三好綾音さん。 彼女と片山夏波さんは来期、Noism1準メンバーに、 「白い女性」ダブルキャストの西澤真耶さんはNoism1メンバーにそれぞれ昇格しますし、 この公演を最後にNoism2を去るメンバーに牧野彩季さんがいて、 そうした意味合いからも、このメンバーの見納めとなる最後の公演だった訳です。 しかし、なす術もないほどの自然の猛威が容赦なく彼女たちに襲いかかりました。 体温を上回る危険な気温とあって、15:30の回は前日に中止と決定していましたが、 熱を溜めこむだけ溜めこんだアスファルトや、 一向に収まる気配を見せない強い風など、 屋外公演のもつ、「計算できず、手に負えない」要素が Noism2メンバーを苦しめた2日間でした。 前日に、同様の暑さのなか、2公演を行っていたことが、 この日、ボディブローのように効いてきた部分もあった筈です。 色々なことが起き得るのが舞台、 ましてや、屋外公演となれば尚更です。 決して万全ではない過酷過ぎる条件下、 それでも一人ひとりが観客に対してNoism2を背負おうという気概を発揮して、 敢然と酷暑や強風に向き合っていたと思います。 フォーメーションの変更も行いながら、 ラストの公演を全うしたメンバーに対して大きな拍手が贈られました。 メンバー9人それぞれが個々に貴重な経験をし、その身中に経験値を蓄え、 次のステップに繋がる「何か」を得た2日間だったのではないでしょうか。 彼女たちが櫛田祥光さんの振付のもと、重ねてきた時間、 その確かさは決して損なわれることはなかったと思います。 私たち観客に届けようと腐心し、