noism-supporters-unofficial.info
きっと記憶に残るNoism2特別公演『ゾーン』、その初日2公演
大雨、続く酷暑、更に台風。 「とても異常な状態」にあるとも言える日本列島の2018年7月28日(土)、 新潟市「水と土の芸術祭2018」の関連企画として、 本拠地・りゅーとぴあを飛び出し、万代島多目的広場〈屋外広場〉を会場に、 Noism2の特別公演が行われ、 元Noismメンバーで、 現在、東京でDance Company Lastaを主宰する櫛田祥光さん振付演出の 『ゾーン』が上演されました。 濃い夏の青空と白い雲、更には光を照り返す対岸の漁業会社や造船会社の壁面をホリゾントに、 注ぎ続ける太陽光にいたぶられて熱した、黒のリノリウムならぬアスファルトの上で、 白1:黒8の構成で、9人のNoism2メンバーが、 記憶を巡る「切なさ」を踊りました。 折からの暑さゆえ、当初の構想より10分短くしたとはいえ、全篇50分の力作です。 「100年後の事を想像してみた。 私はもちろん、目の前を歩く人、車を運転している人も、 誰1人として存在していない。 時間とともに記憶はおぼろげになり、 言葉は風化し、 そして人々から忘れ去られ消えていく。」 この日は、15:30からの回と、17:30からの回の2公演をどちらも観ました。 白い日傘を差した白い衣裳の女性はダブルキャストで、 最初は三好綾音さんが、続いては西澤真耶さんがそれぞれ演じました。 ふたりの持つテイストの違いを楽しみましたが、 日傘のレースが顔にあやなす光と影の美しく儚げな様子は共通でした。 黒8人は「忘れられた記憶」、白ひとりは「今を生きる女性」。 相互に嵌入し合い、絡み、引き込み、縺れ、抗い、飲み込み、飲み込まれるのは、 一人ひとり重みのある筈の身体、そして異なる筈の顔たち。 …甦るは、東日本大震災の記憶。 この日、若手舞踊家たちが踊る「ゾーン」の奥、海から続く水面の青は、 波こそ立てつつも、「あの日」の凶暴さを感じさせることはありませんでした。 それでも、水辺で観る風化への抗いと鎮魂には強く胸に迫ってくるものがありました。 時に、8人の黒い女性に同調するかのように、上手側から数羽の烏が飛び立ち、 或いは、正面奥にまっすぐ立つ河岸のライトの上に一羽の白い鴎がとまり、 彼女たちが踊る「ゾーン」中央に立つ白いひとりを見下ろし、 はたまた、正面奥から客席側に歩みだす白の女性(15:30の回:三好さん)の姿を、