noism-supporters-unofficial.info
満席の『ロミジュリ(複)』静岡 2 Days、Noism1「14th シーズン」を締めくくる
関東地方の気温が摂氏40度に迫ろうかという週末、 2018年7月21日(土)及び22日(日)はまた、 Noism1×SPAC劇的舞踊Vol.4『ロミオとジュリエットたち』静岡公演の週末。 舞台形状の都合上、「静岡オリジナル演出」が金森さんから予告されていた「2 Days」。 その二日目、静岡楽日の公演を、急遽、観に行ってきました。 前日に決めたばかりの日帰り弾丸静岡行、SPACの「ホーム」グランシップ。 前の座席の背もたれのてっぺんには通風孔があり、 そこから絶えず涼やかな微風が出ているのですね、静岡芸術劇場。 なるほど、息苦しさを感じずにいられる訳です。 しかし、早めに新潟に戻らねばならない事情があり、 「さわやか」のげんこつハンバーグを食べて、『ロミジュリ(複)』を観たら、 もう後ろ髪を引かれる思いを振り切って、 アーティストトークは聞かずに、 速攻帰らなきゃ(涙)---それがこの日の私。 でも、舞台さえ観られれば、 (+結局、ハンバーグを食べることへの拘りも捨てきれなかったのですけれど、) との思いで行って参りました。 そして、結局、無事にそのふたつの「ミッション」は完了したのですが、 刺激的なこと請け合いのアーティストトークを聞いていないのですから、 本来、これを書く資格などない訳でしょうが、 そこは「大人の事情」(なのか?)、ご容赦願います。 まだ、9月の埼玉公演が残っているので、 間接的にせよ、過度のネタバレに繋がる要素は回避しながら、 「静岡オリジナル演出」など、この日私が目にしたものを、 今、書ける範囲で書き記したいと思います。 「あの終幕」を変更するとなると、 もう冒頭の「怯え」の演出から変えざるを得なくなる訳ですから、 それはもう「えらいこと」なのでしょうが、 そこは金森さん、最終的に決めたのは静岡入りしてからだったにせよ、 静岡でやるとなった最初の時点で既に織り込み済みだった筈とも。 で、静岡。 もうトップシーンから全く異なっていて、驚きました。 「怯え」の対象、「怯え」をもって見詰める方向が真逆になっていることから、 全員の存在の、その在り方がまるで違って見えてくる印象です。 (苦しいところですが、この点に関して、今はこれ以上書けません。ご容赦を。m(__)m) そのあとも、随所に細かな変更を伴いながら舞台は進んでいきました。