noism-supporters-unofficial.info
『ロミオとジュリエットたち』感動の新潟楽日を終えて、アフタートーク特集
2018年7月8日(日)、雨予報を裏切り、晴れるも、相当な蒸し暑さの一日。 感動のうちに、「新潟 3 DAYS」全3公演の幕が下りました。 この日のアフタートークでのSPAC・舘野百代さんの言葉を借りれば、 「一幕の丁々発止のやりとりから、このまま二幕も転がる感じがした」との、 鼓動は高まり、「胸熱」だった新潟公演の楽日。 一幕の終わりにこの日も拍手が沸き起こり、(私も拍手しました) 終幕には「ブラボー!」の掛け声、(私も叫びました) そしてスタンディングオベーション。(私も自然と立ち上がっていました) 回数を重ねたカーテンコールのラストに至り、 退団が決まっている中川賢さんと吉﨑裕哉さんに、 金森さんから情熱的な赤色が印象的な花束が手渡されると、 会場中から一層大きな拍手が贈られたこともここに書き記しておきます。 この日はアフタートークに先立って、 客席で一緒に新潟楽日の公演を観た篠田昭・新潟市長の挨拶があり、 「文化発信都市」を自認する一地方都市・新潟市にあって、 ここまでNoismが担ってきた役割の大きさについて話され、 今後も持続可能な活動を作っていきたいと結ばれました。 「ホーム」新潟・りゅーとぴあ公演における一大アドバンテージと言ってよい 3日間のアフタートークには、 連日、Noism1からは、金森さん、井関さん、山田さん、 SPACからは、武石さん、貴島さん、舘野さんの合わせて6名が終演後の舞台に登場して、 様々な質問に答えたり、色々なお話を聞かせてくださいました。 で、ここからは、今回の分厚い力作『ロミジュリ(複)』を観るにあたり、 期間中のアフタートークから、 読んでおけば、少しは参考になる事柄などを少しご紹介していきたいと思います。 ネタバレはしないつもりですが、それでもご覧になりたくない向きには、 この下の部分(☆★を付した部分)をそっくり読み飛ばしていただきますようお願い致します。 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 〇井関さんの役柄「ロザライン」: 原作では直接登場してこない役どころながら、 「元来、物語全体がメインの人物だけに付随する構造は好きじゃない。 ほんのちょっとしか登場しない人が見ている世界の方が豊かなこともあり得る」(金森さん) ということで、ロザラインの比重が大きくなったのだと。