noism-supporters-unofficial.info
Noism1×SPAC劇的舞踊Vol.4『ROMEO & JULIETS』公開リハーサル、分厚さに圧倒される
(*今回の記事は、富山公演の会場であるオーバード・ホールが発信するDMにも 転載される予定です。) 2018年6月16日、時折吹く風は肌に冷たく感じられながらも、動くと汗ばむという 寒暖が「混在」する土曜日の午後3時、りゅーとぴあ・スタジオB。 Noism1×SPACによる注目の新作、 『ROMEO & JULIETS』の公開リハーサルを観てきました。 この日朝の金森さんのツイートによれば、 参加申込者は43人。 いつものようにスタジオBの三方の壁面に沿って置かれた椅子に腰かけて、 第一幕の通し稽古を見せて貰った訳です。 りゅーとぴあ・劇場の舞台と同サイズで作られているスタジオBに、 プロコフィエフによるバレエ音楽が流れだすと、 前方には自らの体を叩き、身を仰け反らせ、煩悶、懊悩する舞踊家たち。 そして最背面に居並び、楽の音に口上を重ね合わせることで、 唱和される謡(うたい)に似た響きを重々しく立ち上げたかと思うと、 次の瞬間、あたかも将棋盤上にあって横一列に配された「歩」の駒が、 一斉に躙り寄りでもするかのように、 能を思わせる摺り足で観る者の側へと迫り出してくる役者たち。 それらすべてが渾然一体となることで発せられる「圧」。 「これから2時間ご覧あれ」と物語世界のとばくちで誘われるだけで既に、 良く知る「あの」古典的な戯曲とは異なる、 ただならぬ予感に包まれてしまう他ありません。 音楽と肉声、舞踊家と役者、身体と声、西洋と東洋、 更に、これまでの作品で目にしてきた三角柱の塔や車椅子、ベッドといった 「金森穣的世界」の記憶を呼び覚まさずにはおかない装置一つひとつに至るまで、 幾重にも重なり合う「混在」振りが示す「分厚さ」に目も眩む思いがしました。 伝え聞くところによれば、舞台は病院、それも精神病棟とか。 メンバーで最近鑑賞したという映画『カッコーの巣の上で』(ミロス・フォアマン)(1975)や、 ミシェル・フーコー『狂気の歴史』などをも彷彿とさせながら、 狂気と正気も「混在」していくのでしょう。 そして何より、タイトルが仕掛ける今回の配役も謎のままです。 池ヶ谷さん、浅海さん、井本さん、西岡さんと鳥羽さんの女性舞踊家5人が 「ジュリエットたち」であるだろうことは察しがつきましたが、 しかし、なにゆえ5人なのか。