noism-supporters-unofficial.info
楽日の『Mirroring Memories』が上野の森を祝祭空間に染め上げたバレエホリデイ
2018年4月30日(月・祝)の上野の森バレエホリデイ、 東京文化会館の小ホール界隈には見知った顔が溢れていました。 金森さんの出自を見詰めるが如き、興味深くも贅沢な作品の楽日でしたから、 見逃す訳にはいかぬとばかり、この日を楽しみにしていた方々が 続々集結してきたのにも何の不思議もなかった訳です。 冒頭の新作『Distant Memory』、 恩師ベジャールへの有らん限りの愛と敬意をその身体から発散させて、 心を込めて、ひたすら丁寧に、そして丁寧に踊りあげていく金森さん。 繊細かつ静謐に、微かな心の震えまでが可視化されていきました。 そして見上げる先に2008年からの過去作の画像が次々映されたかと思うと、 その結びにベジャールと若き金森さんのモノクロのツーショットが現れるではありませんか。 この演出にやられない人などいよう筈がありません。 そしてそれが余韻を残しながら静かに消えたかと思うと、 今度はその下、舞台奥にアール状に据えられた 縦長10枚のハーフミラーがその向こう側の10人を透して見せます。 目に飛び込んでくるのは、いずれも金森さんの手により造形された人物たち。 この後、ハーフミラーが不規則に開いては、奥の人物が現れて、 10の断片が次々踊られていくことになります。 情感たっぷりでいながら、なんとスタイリッシュな滑り出しでしょうか。 黒衣と生と死、或いは死すべき運命。そうした共通項を持つオムニバスは、 単なる抜粋に止まらず、例えば、井関さんによるミカエラが カルメンの仕草をなぞって踊ったのち、 背後からすらりとした長躯の黒衣(!)が現れ、 ミカエラをその両腕に抱き締めるという感動的な新演出が加えられていたりもして、 まさに見所満載。片時も目を逸らすことは出来ませんでした。 この日の公演は、初日がそうであったと聞く通り、随所で拍手喝采が起こり、 その都度、会場の雰囲気は高揚していきました。 演じられた10の断片、その一つひとつに触れていくべきなのでしょうけれど、 ここでは、ラストに置かれた新作『Träume ―それは尊き光のごとく』へと急ぎます。 しかし、そのためには、直前の『マッチ売りの話』に触れない訳にはいきません。 あたかも「原罪」を刻印でもしたかのような禍々しい仮面をつけた8人の手前、 震える指でマッチを擦る浅海さん。