noism-supporters-unofficial.info
爽やかな感動を残し、Noism2定期公演vol.9の幕下りる
2018年1月28日(日)は、Noism2定期公演vol.9の「マチソワ」の日。 この日の2公演は、ダブルキャストの両方を続けて観られる日ということで、 マチネとソワレの両方を観にいらしたお客さんも多かったようでした。 そして、この日をもって「3日間4公演」の幕が下りました、 観る者の心に爽やかな感動を残して。 そう、それは、まさに金森さんがツイッターで、 「『時分の花』の、なんと美しいことか。」と呟いたとおりに…。 【1/28マチネ】 【1/28ソワレ】 楽日の日曜日、私も一日のうちにダブルキャストの両方が観たくなり、 午前11時を待って、電話をかけて、急遽、13:30の回の当日券を求めたのですが、 そうやって備えた甲斐がありました。趣の異なる2公演を、 或いは、金森さんの言葉を借りて言えば、「ふたつの異なる世界観」を続けて目にすることができたからです。本当に楽しかった。 その趣の違いを全て書くことはできませんが、例えば、Noismレパートリー中の『PLAY 2 PLAY』パートにおいて、奥側4人と手前側4人の位置が入れ替わることで、雰囲気がまるで別物のように見えましたし、 また、例えば、島地さんの『私を泣かせてください』のラストのソロに関して書くなら、マチネの西澤真耶さんが哀歓を表出していた一方、ソワレの門山楓さんは憧れを迸らせていたと感じました。 もてる力を振り絞り、「マチソワ」に臨み、それを走り切った9人の若手舞踊家は、「身銭を切って」間違いなくかけがえのない経験を積んだことでしょう。更なる飛躍に繋がる礎として。 3日間にわたって、その身体を以て、私たちを非現実の2本立ての「夢」へと 誘ってくれた9人の若手舞踊家に心からの拍手を送りたいと思います。 以下、ホワイエに出て行われた、楽日のアフタートークからいくつか記しておきます。 ☆山田さんと島地さんが互いの演目に関してどう感じているかを訊ねる質問を受けて、 山田さんが、「島地さんの作品は日に日に変わっていった。難しいことにトライしている。 ダンサーが尊敬していたし、自分も尊敬しましたね。舵の利かない船を漕いでいる感じ。 成功の瞬間でさえ、頭で思い描いていたものではないだろう」と言えば、 島地さんは、「山田さんがディレクション(演出)しているのを見て影響を受けた。