noism-supporters-unofficial.info
掉尾を飾る名作『NINA』&国際シンポジウムを以てNIDF2017堂々の終幕
2017年12月17日(日)、師走のりゅーとぴあ界隈は、この日午後、 「新潟第九コンサート2017」等も重なり、駐車場が混雑し、 アクセスも容易ではなかったと思います。 そうした道路状況、それ自体が師走の風物詩でもあるのでしょうが、 15時の開演時間までに、りゅーとぴあ・劇場まで辿り着くだけで 疲れてしまったという方もおいでだったかもしれませんね。 でも、「マジック」を見せてくれた舞踊家の熱演が それを吹き飛ばしてくれたことだろうと思います。 3日連続で、『The Dream of The Swan』と『NINA』を観てきました。 この日は5列目の中央席で、 3日間異なる距離から舞台に視線を送ったことになります。 新潟公演の楽日ということから、 幕が上がる前から、早くも軽い「Noismロス」的気分も込み上げてきて、 感傷的な心持ちだったかもしれません。 「瀕死の白鳥」も、『NINA』も、両目は前2日とは違った細部に反応していました。 井関さんのソロの後には、感動と緊張が綯い交ぜになった拍手が、 『NINA』の後は、安堵の笑みを浮かべ、息を吹き返した「生け贄」たちに 報いるべく大喝采が送られていました。 私は連れ合いと共に、埼玉公演にも足を運ぶつもりでおりますので、 埼玉でも、また井関さんの超豪華な「前座」付きの『NINA』が観られたら、 と願ってやみません。 公演終了後、同じ劇場で、NIDF2017を締め括る国際シンポジウムが開催されました。 公演の余韻を引きずり、席から動けぬままに、シンポジウムの開始を待ったことが 後程、つらい事態を招こうとはこの時、予想もしていませんでしたが、 それはまた後の話。 ここからは、シンポジウムでの発言要旨をご紹介しようと思います。 ☆国際シンポジウム「アジアにおける劇場文化の未来」(16:30~) パネリスト: ホン・スンヨプ氏(韓国・大邱市立舞踊団 前芸術監督) クイック・スィ・ブン氏(シンガポール・T.H.Eダンスカンパニー 芸術監督) ウィリー・ツァオ氏(中国・香港・城市当代舞踊団 芸術監督) 金森穣氏(日本・新潟・Noism 芸術監督) 進行: 杉浦幹男氏(アーツカウンシル新潟 プログラム・ディレクター) (1)『NINA -物質化する生け贄』の感想 ホン氏: 独創的で素晴らしい。現代舞踊とは何かを考えさせる作品。