noism-supporters-unofficial.info
Noism1『NINA』新潟公演中日&サポーターズ交流会のことなど
この時期、新潟人は雪より雨を嫌います。 なぜなら、単純に濡れるからです。 で、冬の雨の日には、新潟人は口々に言います。 「雨は嫌だよねぇ。雪の方がまだましなんだけど」と。 (まあ、雪が酷かったりすると、それはそれで苦笑いを浮かべながら、 ぼやくんですけどね、新潟人。(笑)) そんな雨の2017年12月16日(土)にあって、救いだったのは、 Noism1『NINA -物質化する生け贄』新潟公演の中日だったこと。 天候以前に楽しみが待っていた訳です。 私は前日、1階席の最後列から観たのですが、 この日は最前列中央から舞台に視線を注ぎましたので、 2日間、まったく違った雰囲気を存分に堪能させて貰いました。 至近距離で観る井関さんの『The Dream of the Swan』は、 表情の細かなところまで確かめられたので、 本当に繊細な作品だということがわかり、前日とはまったく違って見えたくらいです。 悲しみというか、切なさというか、胸が詰まる感じがしました。 前日、ある既視感のようなものを感じていたのですが、その正体もわかりました。 会場中の視線を一身に受けて踊る井関さんの姿が かつての『Under The Marron Tree』のそれと呼び交わすもののように映ったのです。 (個人の印象です。) 今の井関さんの姿に見とれたことは言うまでもありません。 『NINA -物質化する生け贄』に関しては、最前列であることで、 全体の構図や、全員の動きを一望できない嫌いもありましたが、 その一方、女性舞踊家の目が照明を受けて煌くのが見える点では、 得体のしれないマネキン、或いは人形、或いは傀儡を見る思いがしました。 全体を通して、舞踊家一人ひとりから過度の緊張感がとれ、 前日よりもスムーズな動きになっていた感がありました。 一人の舞踊家が劇場内の空気を支配し尽くした後、 荒涼とした光景を余韻としてとどめる『The Dream of The Swan』と、 舞台上、舞踊家全員、動いていようが止まっていようが、 エネルギーを発散させ続けることを求められ、 各々のパフォーマンスが、 その極限値を示すことで越境していく『NINA -物質化する生け贄』。 どちらも感性と、体力や精神力を総動員して、力いっぱい鑑賞しました。 で、思うのは、何度でも繰り返し浸りたいということに尽きます。