noism-supporters-unofficial.info
観客に挑む、Noism1『NINA ー物質化する生け贄』新潟公演初日
19時からのりゅーとぴあ・劇場の座席に身を沈めるために、 新幹線に乗った人も多かった筈の2017年12月15日(金)。 この日から続く3日間、国内各所から目的地として目指される価値を有する 一地方都市、新潟市。 関東以南からのお客様にとってさえ、 この日の気温はさして堪えるほどのものではなかったのではないでしょうか。 しかし、それにも拘わらず、 これを書いている私は身震いを覚えていたのですが、 それは紛れもなく、NIDF2017最後の演目、Noism1『NINA』に臨む 気持ちの昂ぶりのなせる業だったと言えます。 開演時刻を5分ほど過ぎて、客電が落ち、緞帳が上がります。 飾り気がなく白い、病室のそれを思わせるベッドがひとつ。 そこに腰かける井関さんを、上から存在感あるペンダントライトが照らします。 急遽決まった約15分の新作『The Dream of The Swan』。 これまた白く、柔らかい衣裳の裾を揺らしながら井関さんが舞います。 恐れ、逃げ惑いながら、身を閉ざし、隠れながら、 苦悩するように、抗うように、呻吟するように、そして求めるように、…。 「まさに瀕死の白鳥です」と金森さん。 ラスト、見事な幕切れには呆気にとられ、快哉を叫びたい気分でした。 その場面、中日、楽日に、どうかご自分の目でご覧になってください。 休憩はなく、何度かのカーテンコールの後、 遂に、国内では9年振りとなる『NINA -物質化する生け贄』の幕が上がりました。 今回一新された衣裳は、文字通り「第二の皮膚」。 見事に舞踊家の身体の強度に呼応して存在感を放ちます。 更に、照明の息をのむ美しさには目を射抜かれました。 このふたつは2017年版『NINA』の大きな特徴と言えるものでしょう。 …で、『NINA』。 私事で恐縮ですが、 Noism歴の浅い身にとって、諸兄姉が口を揃えて「Noismの代表作」と語る『NINA』、 それを生で観ていなかったことは永らく大きな「欠損」として 常に身中で疼いておりました。 今回、初めてそれに向き合い、大きな衝撃を受けました。 「凄いものを観てしまった」と。 ここに至るまで、初演時のDVDを買い、時々観てはいたのですが、 正直、緊張感を途切れさせることなく観続けることは決して容易なことではありません。 舞踊家の身体が発するエネルギー、