noism-supporters-unofficial.info
サクッとNIDF2017 その1(9/29:韓国・大邱市立舞踊団)
2年前に初めて開催されたNIDF2015では、 Noism0『愛と精霊の家』以外足を運ばなかった生来の「不勉強者」なのですが、 ここ数日、今年2回目を迎えるNIDFについての金森さんのインタビュー記事を読むうちに、 「せっかく金森さんが、新潟にいながらにして、 様々な舞踊に触れる機会を用意してくれているのだから」と思うようになり、 本日2017年9月29日(金)、「フェス」初参戦して参りました。(笑) 幕開けのこの夕、ステージに立ったのは、 韓国・大邱の大邱市立舞踊団。 過度の緊張を強いることのない自由な作風の演目は、 まず、シリアスあり、コミカルあり、リリカルあり、即興あり、組み体操風ありと ボキャブラリー豊富で、ユニークな「動き」の多い『Mosaic』(40分)と、 10分間の休憩を挟んで、円卓ではなく、舞台奥へ縦に伸びる2本の白い床の上、 上半身は赤、下は黒の衣裳を纏った女性ふたりで踊られ、 ラスト、ぴたり決まる「脱力感」が意表を突く『Bolero』(20分)の2作。 同舞踊団の芸術監督ホン・スンヨプ氏と金森さんのアフタートークで、 金森さん(一部、会場から)の質問に答えて語られたホン・スンヨプ氏の発言を サクッとご紹介したいと思います。 ---『Mosaic』について ★通常一作品が60分越えになることが多く、それではキツイため、 一般のお客さんが楽しめるものを作りたいと思い、 過去の作品からの抜粋を再構成して作った作品。 一番古いものとしては2006年作品からのものが含まれている。 ---振付に関して ☆はっきりとした「動き」は全て自分(以下、ホン・スンヨプ氏)が振り付けている。 ★振付をする前に、2ヶ月間、「動き」のバリエーションを約20ケ程作り続ける。 ☆それぞれは約1分~1分30秒ほどの短いもので、作品の中でどう使われるかは自分でも わからない。 ★時には音楽に合った「動き」を作ることもあるが、「動き」を作って音に嵌めていくことが 多い。 ☆そして場面にあわせて「動き」を変形させていく。 ★常に「振付ノート」を携行していて、何か感じたら書き付けるようにしている。 ☆新しい「動き」には常に心を開いた状態でいなければならない。 ★最初から「何をしなきゃいけない」とかいうふうには考えずに、 「自分自身が何をしたいのか」をじっくりと観察しようと努めている。