noism-supporters-unofficial.info
Noism1『砕波』、「かわみなと」新潟を描く   @「開港5都市景観まちづくり会議2017新潟大会」全体会議Ⅰ
2017年9月1日(金)、夏に別れを告げたかのような涼しいここ数日から一転、 鱗雲が浮かぶ、秋めく高い空ながら、気持ちよい暑さが戻ってきた新潟市中央区は、 萬代橋のほとり、新潟日報メディアシップ2Fの日報ホール。 来年度(再来年)に開港150周年を迎える新潟市で、 「開港5都市景観まちづくり会議2017新潟大会」が開かれ、 その全体会議Iにおいて、他の4都市からの来訪を歓迎する意味合いから、 新潟市が誇る「文化資産」Noismによる新作『砕波(さいは)』がこの日披露されました。 開会時間14時の約1時間前に着いてみると、 既に見知った顔が開場を待っているのが目に飛び込んできました。 その後、一緒に並んでいる間も、開場して席に着いてからも、 みんなの顔は内心の期待値を反映してみるみる上気していきます。 予定時刻ちょうどに開会が宣言されると、 新潟大会実行委員長の挨拶、 篠田昭・新潟市長の挨拶を経て、 十数分後、Noismの特別パフォーマンスが始まりました。 先ず、5分弱、スライドを使って、Noismがどのような舞踊団であるのか駆け足で紹介され、 それが投影されていた電動スクリーンが上方に片付けられると、 照明が消え、両脇から人が入ってくる気配。 ホール前方のスペースに、飾り気のない簡素な照明が入ると、 黒いジャケットと黒いパンツに身を包んだ9人が凛々しい立ち姿で一列に並んでいます。 女性5名、男性4名、井関さんを除いたNoism1メンバーと準メンバーです。 聞こえてくる波の音に合わせて、左右に緩やかに体を揺らせる同調性と それを乱すかのようにひとりから発しては拡がるまた別の動き。 しかし、やがてそれもまた全体に吞み込まれていきます。 それはまるで、凪いだ海と静かに寄せる波。 更に時折、タイトル通りに砕ける波の激しさも見せます。 過去「裏日本」と呼ばれもした暗い海(日本海)を表象する滑り出しです。 音は変わり、樽砧、やがて太鼓の律動へ。 更に雅なる箏と横笛へと引き継がれていきます。 それらは新潟を取り込みつつ、全て純日本風な響きと調べ。 対する9人、ジャケットを脱ぎ去ると、タンクトップ或いはTシャツもまたまた黒。 そのダンスは一貫して、概ねとてもソリッドです。 しかし、常に硬質な日本海の波のようであるだけでなく、 途中、港町で暮らす人を描いているようでもあり、