noism-supporters-unofficial.info
中川賢さん、「故郷に錦を飾る」富山県射水市・高周波文化ホールの巻
2017年8月11日(金)、祝日「山の日」の富山県射水市、高周波文化ホール。 この日、富山県芸術文化協会等が主催し、開催された芸術鑑賞・洋舞公演は、 中川賢さんが当地の和田朝子舞踊研究所出身ということで実現した1日限りの特別公演。 予定された16時を少しまわり、和田朝子舞踊研究所による第1部が始まる頃には、大ホール(1220席)の客席は満席。 やがて聞き覚えのある華麗な楽の音が響き、緞帳が上がります。最初の演目は『チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲』。名曲に合わせたクラシックバレエ・スタイルの、華やかで美しい作品でした。もう一人前のバレリーナといった趣の女性たちに混じって、まだ幼いプチバレリーナちゃんたちが元気一杯に登場してくるのを見ていると、ついつい保護者目線になってしまい、目尻が下がり、頬が緩んでくるのを禁じ得ませんでした。 続く2番目の演目は『握手の魔法』。「けんかしてても大丈夫 握手しようよ」と、子どもたちの純真さ・溌剌さが眩しい作品だったのですが、大勢の女の子のなかに唯一人、半ズボンをはいた男の子が含まれていました。一旦、その子を目に留めると、幼い日の中川さんもこんなふうだったのかしら、と勝手に想像してしまい、微笑ましくて、そこからはもうその子の姿を追うことになっていました。 その後も、今回の公演ポスター&チラシにその画像が用いられた、下村由理恵さん、柳下規夫さんら5人による大人テイストの意欲作『金糸雀(カナリア) 最後に見る夢は…』に至るまで、第1部和田朝子舞踊研究所パートは全7作品、様々なタイプの舞踊作品が並ぶ充実したラインナップで、どの作品にも場内から大きな拍手が送られていました。 ***** ***** ***** ***** ***** ***** 20分間の休憩をはさんで、第2部、Noism1(8名)による『Painted Desert』です。「高周波文化ホール」という名前とは関係ないのでしょうが、りゅーとぴあで観るときより音圧が高いように感じられる音響が、会場全体に、休憩前とは全く違う空気感を作り出すと、闇のなか、滑るように緞帳が上がっていきます。