noism-supporters-unofficial.info
Noism2『よるのち』楽日、1日2公演を満喫
2017年6月25日(日)、Noism2特別公演『よるのち』楽日。 この日は早くから購入していた18:00の回に加えて、 頑張って20:00の回の当日券も手に入れ、2回観てきました。 否、単に観るだけの側が「頑張って…」などと書いたりするのは、 ホントおこがましいくらいに、大熱演の2公演でした。 前日(中日)18:00の回を観て帰路に着く私の心に、 何か後ろ髪を引かれるような思いが残ってしまっていたのです。 その正体とは、あれだけの舞台を1時間後にもう一度上演するなら、 「本当の『よる』」の時刻に『よるのち』を観てみたい、という血の騒ぎ。 同時に、20:00の回を見ようと入場していく人たちへの嫉妬心に似た気持ち。 それは、私だけでなく、多くの人に共通するものだったようです。 楽日、2公演の客席には、同じ顔ぶれが何人も見受けられたことが 如実にそれを物語っていました。 平原慎太郎さんと若き8人の「吸血鬼」に 嬉々として自らの血を差し出そうとする まさに「被吸血鬼」の群れと言えそうです。(笑) さて、話は少し脇へ逸れますが、 数多の「吸血鬼」もの映画が描いてきた、最も恐ろしい場面といえば、 いたいけで疑いを知らぬ美少女を捉えたカットに 背後から「吸血鬼」がフレームインしてくる場面と言い切って 間違いないでしょう。 そのシーンを成立させているのは、情報のギャップです。 「誰が『吸血鬼』なのか」という情報に辿り着けずにいる少女を、 とりあえず情報を手にし得る立場にある観客が見詰めることで、 そこにサスペンスが生まれることに説明は不要でしょう。 今回の『よるのち』の観客についてはどうでしょうか。 選んだ席によって見える場面もあれば、見えない場面もある。 それがかなり重要な鍵を握る場面であったとしてもです。 それこそまさに情報のギャップ。 私たち観客も、安穏として観ていられなかった筈です。 つまり、作品世界の時空が、私たちの現実世界を巻き込み、 浸食して拡がっていたのだと言えます。 私たちは作品の後半、鳥羽絢美さんが操る「妖力」の類いに しっかり捉えられてしまっていたのではないでしょうか。 そのため、何度も進んで自らの血を差し出そうと あの洋館に通い詰めた(或いは、通い詰めたくなった)のです。 初夏の怪奇譚。 全5公演中の4回、 彼女たちが示した、研修生カンパニーという以上の