noism-supporters-unofficial.info
Noism2『よるのち』中日、「さ、噛むまでよ。噛むだけ。」
2017年6月24日(土)、Noism2特別公演『よるのち』中日は2公演の日。 前日に続いて私の2度目の鑑賞は、18:00からの早い回でした。 初日の舞台を観て、私に書き得る大概のことは既に書いてしまっているため、 今日は短めに。 (この投稿は、初日のコメント欄に載せていたものを、読みやすさに配慮して、 若干の加筆・修正を施したうえで、独立した投稿に改めたものです。 その点、お断りしておきます。) 前日はド正面、議場の「36番」椅子席に座ったのですが、 この日は角度を付けて、正面上手側最前列のクッション席を選びました。 すぐ前を、鳥羽さん、西岡さん、秋山さん、西澤さんはじめ若い身体が 空気を震わせながら妖しく舞い踊るのを直視できる席です。 臨場感たっぷりに、大迫力で舞台を満喫できる点で、ここ、お勧めです。 8人の若手舞踊家揃って、大熱演の『よるのち』。 2回目の鑑賞となるこの日は、 片山夏波さんのダンスに目を奪われました。 目の動き、表情を含めて、 まさに何かが降りてきて憑依し、彼女の肉体を借りて踊っている、 そうとしか思えないような凄みに溢れていました。 そして、ラスト、彼女が見せる象徴的な「噛む」行為は、 驚愕で、身震いがするほどです。 『よるのち』、この雰囲気たっぷりの舞台に向き合うのに、 何も難しいことを考える必要はありません。 作品中間部の鳥羽絢美さんの台詞「さ、噛むまでよ。噛むだけ」が そのあたりを端的に表してくれているとも言えます。 身構えることなく、ただ見詰めるのみです。 私たち観客は目で「吸血」するのでしょう。 (もっとも、舞台での「吸血」行為も「噛む」かたちでは行われていませんでした。 それではどうやるのかというと、 冒頭の秋山さんの語りに表れる仕草からほぼ一貫して、・・・ おっと、それは書けません。見てのお楽しみということで。) ・・・しかし、そもそも観客は「吸血」する側でしょうか、 それとも、される側でしょうか。 PCの前でこれを打っている私は、 見終わるや否や、次が待ち遠しい気分になりました。 どうやら、「吸血」されて、 「一瞬の痛みだけを受け、実感なるものが作る世界から逃れる」(平原さんによる台本) 気分を味わい、「次の痛み」が待ち遠しくなってしまったのでしょう。 ご覧になられたみなさんはどんな印象をお持ちでしょうか。