noism-supporters-unofficial.info
新潟3デイズに幕、感動の舞台は埼玉へ
2017年5月28日(日)夕刻、正確には17時半過ぎ。 今回はいきなりその時刻の心境から書き出します。 その時刻、・・・ はや1時間も前に、Noism1ダブルビル・新潟公演(全3公演)は、 客席からの鳴りやまぬ大きな拍手と 飛び交う「ブラボー!」の掛け声をもって、 感動のうちに楽日の幕を下ろしてしまっていた、そんな時刻。 アフタートークを終えてさえ、なお日は高かったものの、 既に先刻、羨望の的たる「世界の中心」が 新潟から埼玉へとシフトしてしまったという思いを抱えつつ、 場所を移して座った、さるカフェの屋外ベンチ。 珈琲のカップを傾ける者たちの上に注がれていたのは、 まったく艶を欠いた日光であり、 その抜け殻のような光を照り返す街の姿もやはりどこか虚ろで、 それらは全て、心の中の寂寥感のなせる業。 感動と感傷、否、感動から感傷へ。 他でもない、早くも、所謂「Noismロス」に陥ってしまっていたに違いありません・・・。 ☆ ★ ☆ ★ ☆ 新潟3デイズを終えて(寂しさと共に)振り返る 感動のダブルビル公演、 全く趣きを異にする2作とも見えますが、 初日のアフタートークでの客席からの感想にもあったように 大きな共通点を有する2作ともとれました。 異なるベクトル。 間断なく耳をいらだたせるノイズ群に合わせて、 脱中心化され、拡散する印象の身体と 甘美にうねることで心を揺さぶるワーグナーの旋律へと 一分の隙もなく収斂していく雄弁な身体。 しかし、観点をずらすと見えてくるものも変わります。 両作品に共通するもの。 抗いようにも抗い得ない物理的な事実と、 如何に抗い得ないとしても、それでもなお抗うよりない身体。 人など卑小な存在に過ぎませんが、それでもなお抗う、 その身体が内側から発光するさまを目撃すること。 刹那の輝きという共通点。 そしてそれがまさに刹那のものであるがゆえに、 心は揺さぶられずにはいないのだと言い切りましょう。 「見る」という特に何の変哲もない営為を通してではありながら、 どのように作品にコミットするかが大きく分かれる2作。 舞踊の多彩さの一端に触れるのが 観客としての最も豊かな振る舞いであることは言を俟ちません。 ここまで書いてきて、はたと気付くのは、 どんなに言葉を費やしても、「良いものは良い、ただ見詰めるのみ。