noism-supporters-unofficial.info
快調!Noism1ダブルビル新潟2日目、そしてサポーターズ懇親会
2017年5月27日(土)、突然、一時的に雨が落ちてきたり、 風が強くて、体感気温も低く感じられる街を移動して、 りゅーとぴあに着くと、 そこは硝子張りの劇場ホワイエ、 風は遮られ、太陽光だけが差し込む空間では軽装が正解。 17時の公演を待つ気持ちの昂ぶりと相俟って熱気が感じられる空間でした。 まずは山田勇気さん振付のレパートリー『Painted Desert』。 美しく移り変わる照明と、印象深いシルエットが、 耳に届く不穏な音響を更に際立たせていきます。 8人の舞踊家が息づく場所、 何物も根付かせることのないトポス、「砂漠」。 安らぎをもたらすかのように映じたとしても、それは蜃気楼かもしれず、 徹底して起承転結を欠き、人を弄ぶ「砂漠」。 そして何人(なんぴと)といえども座ることを拒む椅子。それもまた「砂漠」。 突出する身体、しかしそれも消えゆく定めから逃れられることなどない、まさに刹那。 「砂漠」の悠久に対して、人が刹那を彩る、「painted desert」。 ラスト、セピアの照明を浴びて談笑する8人のうち、 ひとり客席を向いて、口を動かし、しかし、音声にはせず、 「何か」を伝えてくる池ヶ谷さんを目にするまで、 50分間、「作品の強度」(金森さん)と8人の強靱な身体に目は釘付けです。 そして金森さんの新作『Liebestod - 愛の死』。 ワーグナー『トリスタンとイゾルデ』が流れ出すと、 いとも易々と作品世界のなかに投げ込まれてしまう感じは前日と変わりません。 二日続けて観るので、幾分か落ち着いた心持ちではいられましたが、 ふたりの舞踊家が流麗に、あくまで流麗に可視化していく「愛と死」、 そして「その後」に、身を乗り出すようにして見入っていると、 心を鷲づかみにされて、 自然と鼓動が速くなり、 耳たぶが、目頭が熱をもち、 遂には、涙腺が崩壊寸前になってしまう他ありません。 この感動は言葉では伝えきれない類いのものですし、 敢えて言葉にしてみても陳腐なだけで、 到底、この20分間の何物も伝わったりはしませんから、 観る以外にない、何度も観たくなるとしか書けません。 アフタートークを終えてから、 サポーターズとしても初の試み、懇親会(19:30~)が開催されました。 場所は、白山神社近くのオリエントイタリアン「Iry(イリィ)」。