noism-supporters-unofficial.info
雨の新潟にNoism1降臨 ー 『Liebestod – 愛の死』『Painted Desert』ダブルビル公演新潟初日
確かに天気予報では高い降水確率の予報が出ていたようでしたが、 街には傘を持たずに出掛けてしまって 時ならぬ激しい雨にうつむき加減で早足を繰り出す人々や、 傘を差していても結構な雨量に足許が濡れるのを如何ともしがたい人々の姿が見られ、 「ならば、車で」と思っても、隣の県民会館でも集客の見込めるイベントが組まれており、 車は車なりに大変だったのだろう、新潟市、2017年5月26日(金)の夕まぐれ。 そんな様々な不都合を越えて各所からりゅーとぴあ・劇場に集った私たちの眼前に、 満を持して、Noism1は降臨したのでした。 それはまさに金森穣さんと山田勇気さんの見えない手と舞踊家の身体によって描き出された、 ふたつの非日常。 この日、初日を迎えたダブルビル公演は まずは、山田さんがNoism2に振り付けたレパートリー『Painted Desert』から。 かつてNoism2で観ていた作品をNoism1が踊ることに興味をそそられました。 間断なく耳を襲う不穏な地鳴りの響きが緊張感を高めるなか、 冒頭から石原悠子さんが、井関佐和子さん抜きのNoism1を牽引して、 圧倒的な存在感を示します。 他の舞踊家も、椅子に沈み込む姿が、或いは床に身を縮めて眠る姿が、 尋常ではないエッジの利いた身体として静止を続け、もうそれだけで目を惹き付けます。 白眉はやはり中川賢さんと池ヶ谷奏さんによるブラインド・パ・ド・ドゥ。 この作品は「レパートリー」ということですから、 ふたりが完全に目をつむったままで数分間踊るということは書いても差し支えないでしょう。 その姿を観ているだけで、舞踊家の緊張感がダイレクトに伝わってきます。 そしてこの日、私の目に強い印象を残したのは、他ならぬふたりの掌のセンサー。 目という感覚器官の代替物としての掌。見詰める私の目は釘付けでした。 力を抜き、柔らかく、緩やかにほんの少し曲げられた五指が 相手の身体を繊細にキャッチする様子、 それは同時に実に艶めかしくもありました。 照明も美しい作品です。 15分の休憩を挟んで、今度は金森さんの『Liebestod -愛の死』、文字通り世界初演。 ワーグナーの蠱惑的な旋律が流れるなか、 暗闇の下手側に一筋の光が落ちてくると、そこには吉﨑裕哉さんの後ろ姿。 その立ち姿だけで、既に「末期」が表象されています。