noism-supporters-unofficial.info
ブカレスト公演直前公開リハーサルを観てきました♪
3月25日(土)正午、 漸く「遅い春」の到来を思わせる日差しは「マランシュ帝国」ならぬ、新潟市。 りゅーとぴあ・スタジオBを会場にして、 活動支援会員対象、定員15名(申込先着順)のみ観覧可という ブカレスト公演直前公開リハーサルがあり、途中15分の休憩を挟んで、 劇的舞踊『ラ・バヤデール -幻の国』全編を通して見るという光栄に浴しました。 いつもお見かけする顔、顔、そして顔。 みんな頑張って申し込んだのだなぁ、と感心することしきり。 来月には市内でも熊川哲也 Kバレエ カンパニーの『ラ・バヤデール in Cinema』の 公開(2週間限定)予定があり、 映画館での予告編で、ミンクスの音楽を耳にしていた折も折、 私たちサポーターにとっては、こちらこそが大本命。 このNoism版『ラ・バヤデール』に魅せられた、 「やまいだれに隠れる」と書く「癮(いん)」の身には、 この日の公開リハはまさに「劇的」舞踊だった訳です。 一部、衣裳を纏って踊る舞踊家も含まれていましたが、 多くは普段の練習着姿。 各舞踊家の好みや趣味なども垣間見えて、その点でも楽しめました。 セットの慰霊碑や小道具も、既にブカレストなのかもしれません。 とてもレア度の高いものを見せて貰いました。 なにしろ、スタジオBの鏡に沿って一列に並べられたわずか15脚の椅子にかけて、 息遣いも聴き取れるほどの至近距離から観れたのですから、 こんなに贅沢なこともそうはないはずです。 「活動支援をしていて良かった」、そう思いながら、目を凝らしました。 (支援の寄附金も「寄附金等特別控除」が受けられますし。(笑)) 「ムラカミ」を演じる貴島さんの張りのある声でリハーサルは始まり、 私たちの膝小僧を掠めて、貴島さんが通り、 石原さんが、中川さんが、そして井関さんが踊っていたのです。 この日、大僧正ガルシン役の奥野さんは不在で、 私たちと並んで腰掛けていた山田勇気さんがガルシンの台詞を読み上げていたほか、 第1部、婚約式へ至るくだりには、台詞も少し足されていて、 ミランを始末しようと企む「特務機関」の意図が鮮明になっていましたし、 カリオン族のヨンファを池ヶ谷さんが、 メンガイ族の少年を浅海さんが踊るなど、 キャストにも入れ替えが有ったりして、 新鮮な気持ちで興味深く見詰めました。 そして、たきいさんの品のあるフイシェンや、