noism-supporters-unofficial.info
Noism1新作・第2クール2日目(1/28・SAT.)を観ました
1月28日(土)、fullmoonさんが投稿された前日の公演レポートを読んだことにより、 前週より更に進化・深化した舞台が観られることを確信しつつ、 期待を膨らませるだけ膨らませて、2度目のスタジオBへ。 期待は裏切られることはありません。 動きはこなれて、余裕が感じられる様子にブラッシュアップ。 まったく趣を異にする1部と2部とが、 より大きな統一体へと止揚(アウフヘーベン)されていく、 その醍醐味が今作の大きな魅力と言えるでしょう。 ですから、これも前日fullmoonさんが提起した問い、 「『精霊』のスカートのなかに何があるのか」 ---私は第1部と第2部の作品世界全てをその裡に包含する衣裳とみます。 みなさんの目にはどう映りますか。 コメントなどでやりとりできたら楽しいですよね。 (この先、公演に関する個人的な印象を盛り込んだ書き方をしているため、 幾分か、公演内容に触れておりますことを書き添えておきます。 ご覧になりたくない方は、*****印より下まで、スクロールしてください。) さて、第1部は『マッチ売りの話』、 幕開け前に私たちの耳に届く冷たい吹雪の音は 「初演直前の新潟で録音されたもの」(金森さん)なのだそうです。 前回、1/22の公演後のブログには「ごった煮」と書きましたが、 この日の印象はまったく別物で、 様々な時空、様々な立場にあるはずの9名が まるでひとつの家族ででもあるかのように映りました。 一人ひとりは異なっているのにも拘わらずです。 哲学者ヴィトゲンシュタインが唱えた「家族的類似性」という概念が浮かびます。 完全に一致する共通点などはあり得ないものの、 様々な類似性が隙間なく重なりあい、交差しあって、 直接、間接に緩く繋がる「家族」という集合体にヒントを得た着想で、 家族のもつ「その家族らしさ」、というようなことになるでしょうか。 そんな観点から、この日、目に付いた細部。 「老夫婦」が冒頭に示す「夜のお茶」の「作法」は 「女」と「双子の弟」たちによって反復されますし、 「義父」が「少女」に加える「殴打」の主題は 「女」によって「双子の弟」たちに対して反復されます。 「老夫婦」は商品名「チャッカマン」で呼称されることの多い点火棒を用いますが、 「女」の方はマッチを用い、 「少女」との連続性を表象します。