noism-supporters-unofficial.info
柳都会 vol.20 近藤一弥×金森穣【対談】レポート
先に掲載した、柳都会 vol.20(3/24)のレクチャーに続く、対談部分のレポートをお送りします。 金森 ここまでで、具体的なA4サイズの平面にいろいろ落とし込まれている要素についてどう捉えていますか。 近藤 配置については技法がある。舞踊であれば技術性というところか。 個性…その人にとっての空間・平面上での重心の捉え方にもなるが、空間の余白と重心から構成している。 金森 (学校で教えていらっしゃるが)感覚的なものは教えられる? 近藤 答えはない。自分ならこうするという位で、学生が作ったものについては一緒に悩み、作るプロセスを教える。 見た目が、もしかしたら意図したものとは違う意味に捉えられるのでは?とか、ここで切ってみたら?と問いかけると、言った通りに変更してきてしまう。 確信犯的に言うこともあるが、自分で考えて何かやると好きな感じになっていくというプロセスを繰り返すうちに会得していく。 金森 PCでいずれ人工知能がデザインをやるようになるのでは? 近藤 ある程度はできるのではないか。ただ、最初のものやエラーが魅力につながる。 それは計算を積み上げても太刀打ちできない。すぐれた作品であれば言語化の枠に留まらない。 作っている核心的な部分は、何らかのエラーのどこを用いるかという判断によるし、能力差がある。 ブラッシュアップを重ねて、繰り返し直させると微妙によくなっていくし、そうした方法論でしかわからない。 金森 近藤さんはどこかで習ったんですか? 近藤 親の絵の描き方がそうだった。 Photo: Ryu Endo Photo: Ryu Endo 金森 作られたチラシのイメージで、すごくかっこいいんじゃないかと思って観に行くと、つまらないということが起こる。 近藤 パフォーミングアーツの場合は難しい。過去のDVDを見てチラシを作成しても、次は違うものになる。 金森 まず導くというか、興味をもってもらうことですね。 近藤 単なる批評より紹介のため推薦に近いかもしれない。潜在的にいいと思ってもらえるかどうか。 金森 新作の場合は難しいですね。 近藤 想像するしかない。依頼を受けた時点では曲がまだない事もあるし、公演までタイムラグがある。 どんな行程でどんな作られ方をするか、依頼者とのやりとりの中でかわってくる。