noism-supporters-unofficial.info
劇的舞踊『ラ・バヤデール ー幻の国』サンクトペテルブルク招聘公演に行ってきました
皆さま、こんにちは。ロシアに行ってまいりました! 本題の前に、ちょっと宣伝を。 前のブログ記事にあります、 「新潟市Noismふるさと納税」 そして、 公式「Noism活動支援」 を、 どうぞよろしくお願い申し上げます。 どちらもいつでも受け付けています♪ さて、2018年11月21日(水)、ロシア・サンクトペテルブルク、アレクサンドリンスキー劇場で開催された、Noism劇的舞踊『ラ・バヤデール ー幻の国』招聘公演に、会員4名を含む5名で行ってきました! Noism公式レポートもぜひご覧くださいね! アレクサンドリンスキー劇場は、サンクトペテルブルクの街の中心部にあり、1,378席を有する、歴史のある美しい劇場です。 19時開演で、18時過ぎに劇場に到着しました。 ロビーで販売していた「プティパ・フェスティバル」プログラムは各作品の紹介等をまとめた本になっており、厚くて立派ですが250ルーブル(約500円)と安価。 チケットは日本でネットで取りました。5,000ルーブル(約1万円)と高価。 プログラムの表紙には、「ディアギエフPS 2018 プティパPS 21世紀 」と書いてあります。 写真・解説は作品ごとに数ページずつありますが、個別のプログラムはありませんでした。 なので、11/17の当ブログ掲載のキャスト表は貴重な資料ですよ! 開場を待つ間に私たちにテレビ局の取材が! 現地メディアのようでしたが英語でした。 ちなみにロシアといえどもケンタッキーやアメリカ資本の店舗・ホテルや、TOYOTA、ユニクロ、丸亀製麺、そして英語看板も普通にあり、デパートも豪華で、若い人たちは英語が話せます。 流通通貨はルーブルですが、お店によってはドルやユーロもOK。もちろんカードも。 さて、18時半開場かと思いきや、なかなか扉が開きません。 19時開演なのに、開場したのは19時過ぎ! しかし、開演時間が過ぎても、焦ることもなく悠々と来場してくる観客がたくさんいます。