noism-supporters-unofficial.info
新潟日報「窓」欄掲載、『ノイズムの活動支えたい』! →反響続々!コメント欄にもお目通し願います♪
3/11の新潟日報「窓」欄に「ノイズムの活動支えたい」という投稿が掲載されました! 高校ダンス部の活躍や新潟の踊り文化にも触れています。 皆様ぜひご覧くださいね♪ そして、こちらは小柳議員の3/8のブログリンクです。 2月定例議会での、Noismについての質問と市の答弁の要旨が掲載されています。 この中であげられている、Noismへの予算につきまして、negryuさんがツイートしています。 予算なくして活動なし。 更なる予算を付けてほしいものです。 さて話は変わりますが、 新潟県文化振興財団が季刊発行している「Culture Niigata」(新潟文化情報誌 カルチャーにいがた)vol.94(2018.3~5月)の表紙とメイン記事「NEXT STAGE」に、 元Noism2の土田貴好さんが掲載されています♪ 土田さんは現在文化庁の新進芸術家海外研修員としてベルリンへ2年間留学中。 記事はベルリン出発前のインタビューで、Noism2に所属していた時のお話もたくさん載っています。 ちなみに、サポーターズ会報32号でも土田さんのことはご紹介していますが、「カルチャーにいがた」では大きく取り上げられていてうれしいです♪ 「Culture Niigata」は、りゅーとぴあや県民会館、文化施設等に置いてあります。 無料配布ですので、どうぞご覧ください。 土田さんは新潟市出身。 彼の夢は、 「新潟にカンパニーを設立して、ダンサーが生きていける環境を整えながら、作品を全国や世界に届けること」。 まさに金森穣Noismの活動理念と同じです。 若者の夢と希望と行動力を育むNoism(若者だけじゃないけど)。 金森さんのツイッターによると、今日の夕方は、新潟市内の高校ダンス部選抜メンバー30名に、Noism1メンバー総出でNoismレパートリーを教える「Noismワンデイ・スクール」があるそうですね。 https