noism-supporters-unofficial.info
金森穣Noismは新潟市の誇り、新潟市の宝
新聞を見て驚きました。 3月6日付の新潟日報の記事によると、 〔新潟市議会は5日、2月定例会本会議の一般質問を行い、新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)専属の舞踊集団「Noism(ノイズム)」の今後の活動について、中野力文化スポーツ部長は、「これまでの実績や成果を踏まえ、2018年度末までに在り方を検討する」とした〕 そうで、どうしてもっと早く活動継続・更新を決定しないのか不思議です。 決定が遅れているのは、どうも今秋の新潟市長選に関係があるらしく、次の市長が誰になるかわからないので歯切れが悪いのだと思われます。 しかし、これまでのNoismの新潟市への貢献度を考え、これからの展望を思うと、市長が誰になろうが逡巡するのはおかしいのではないでしょうか。 2004年設立以来、Noismの活動、活躍は驚嘆すべきもので、金森さんは新潟市のためによく働くなあとずっと感心していました。 新潟市民栄誉賞をあげたいくらいです。 そういう賞はないのですが、新潟日報文化賞はもうもらっているので、ニイガタ安吾賞あたりがいいと思うのですが、出す方ともらう方がどちらも新潟市関係なので難しいそうです(横道にそれてすみません)。 さて、記事によると、 〔中野部長は功績について、フランスなど10カ国で公演を行い国内外で高い評価を受けた実績を説明。中学校への出前公演や、未経験者向けのワークショップといった市内での活動も報告し、「踊り文化の普及・継承の活動に取り組んできた」とした。一方で、出前公演は3年間で8校にとどまることも明らかにした。〕 となっていますが、この最後の、 「出前公演は3年間で8校にとどまる」という表記はいったいなんなのでしょう? 3年で8校ということは、1年で2校以上。 ということは、通常の公演のほかに1年に2回以上も公演しているということになります。 それを「とどまる」と書くなんて、その場の状況はわかりませんが、両論併記の危うさを感じます。 ワークショップもやっていますし、これ以上は働かせすぎなのでは。 さらに、 〔小柳聡氏(民主にいがた)は「『国内外で評価』と言うが、市民の税金を使っており、市民も評価しないと継続は難しい」と指摘。〕 したそうですが、この議員の発言は新潟市民として、とても悲しく、憤りを覚えます。