noism-supporters-unofficial.info
『ラ・バヤデール ―幻の国』チラシとハガキを発送しました!
先日、NoismサポーターズUnofficialと、さわさわ会の会員宛にバヤデールチラシとハガキを発送しました。サポーターズ会員には4/23の柳都会チラシも同封しました。近日中にお手元に届くと思います。どうぞお楽しみに♪ さて、舞踊評論サイト「The Dance Times」の執筆ライター山野博大さんが、昨年一年間で上演した作品と出演者の中から印象に残った作品と舞踊家を選出する「ベストパフォーマンス&アーティスト」にNoism作品と井関佐和子さんを選んでくださいました! 【ベストパフォーマンス】 ・ Noism 1『ASU~不可視への献身』(神奈川芸術劇場、1月) ・ ローザス『ドラミング』(東京芸術劇場、4月) ・ バットシェバ舞踊団『DECADANCE-デカダンス』(神奈川県民ホール大ホール、10月) 【ベストアーティスト】 ・ 井関佐和子(Noism 1『ASU~不可視への献身』神奈川芸術劇場、1月) ・ 中村祥子(熊川哲也Kバレエカンパニー公演『海賊』オーチャードホール、5月) ・ 佐東利穂子(勅使川原三郎+KARAS アップデイトダンス『ペレアスとメリザンドⅡ』カラス アパラタス、11月) 金森穣の『ASU~不可視への献身』は、日本人の持つ独特の動きのニュアンスをみごとに結晶させたものだった。井関佐和子がその中心にいた。ローザスとバットシェバはいつもながらの楽しさいっぱいのダンスに好感。中村祥子、佐東利穂子は、共に動きの質の高さを買う。 とのこと。 そのほかの執筆ライターもベストアーティストに佐和子さんを選んでいます。 ●折田 彩 ・ 井関佐和子(Noism0『愛と精霊の家』、りゅーとぴあ・劇場、9月) ●隅田 有 ・ 井関佐和子(《青山バレエフェスティバル Last Show》『Under the marron tree』青山劇場、1月) そして、ダンスマガジン5月号では、乗越たかおさんの『カルメン』レビュー掲載! 「ダンスの充実で物語る 金森穣の冴える手腕」と題して、作品、出演者、舞台空間の見事さを書いてくださっています。