noism-supporters-unofficial.info
Noism1埼玉公演 無事終了!  さわさわ会 埼玉懇親会♪
埼玉公演、大好評で無事終了しました! 私は埼玉でも3公演鑑賞し、幸福な3日間でした♪ 公演については賞賛のSNSの嵐ですね! 公式ウェブサイトにもレポートが掲載されるそうで楽しみです。 私はただただもう、作品世界に浸りました。 新潟を離れ、日常を離れ、夢のような3日間でした。 初日の『Liebestod―愛の死』カーテンコールには、金森さんと衣裳の宮前義之さんが登壇! 井関さん、吉﨑さんと4人での豪華なカーテンコールがうれしい♪ 歓声が響きます。 この日、横浜の友人は埼玉に行くために休みを取ったそうで、東京の友人も、もしもに備えて仕事を1時間早退したそうです。 平日に埼玉まで来るのに19時開演は少しキツイそうで、脇や後方に空席があったのがちょっと残念でした。 2日目は超満員! この日の私の席は少し後方で、全体が見えてとてもよかったです♪ そして、関東圏 久々のアフタートーク。 八嶋智人さんを迎えて金森さんとのお話が盛り上がりました。 八嶋さんはNoism0『愛と精霊の家』で感涙されたそうで、今回も『Liebestodー愛の死』にやられたそうです。 金森さん、そして井関さん、吉﨑さんのまっすぐなエネルギーにうたれて大感涙。。。とのこと。 2作品について、舞台人ならではのご感想をたくさん話されました。 金森さんも、言葉では表せないないものをどう表現するか、舞台で生き、死ぬとはどういうことか、心の震えを表現したい等々、話されました。 また『愛の死』について、この作品は全自分を出していて、それは非常に怖いことであり、観る人に受け入れられなければ自分が全否定されるのと同じということ、 でもどうしてもこの作品を創りたかったこと、 18才の時からずっと温めてきたが、この25年間は経験を積むという意味で必要だったこと、等を話されました。 金森さんは、客席からの質問に応え、原作の神話性は踏襲していないこと、音楽から受けた感銘で普遍的な愛と死を表現したかったことを話されました。 また、観客からの金の幕が波打ち波紋のように見えたという感想に応え、ワーグナーの「音楽は海、旋律は波」という言葉を金森さんが紹介し、アフタートークは終了しました。 3日目もたくさんの観客でした♪ この日は上手ブロック席で観ましたが、特に『Painted